プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

すとぷり『マツコ会議』に初出演 マツコ「ジェルちゃんの声が一番好きかな」

『マツコ会議』に初出演したすとぷり (C)日本テレビの画像

『マツコ会議』に初出演したすとぷり (C)日本テレビ

 YouTubeを中心に活動している6人組エンタメユニット・すとぷりが、きょう5日放送の日本テレビ系『マツコ会議』(毎週土曜 後11:00)に出演する。ライブやイベントなどで限定的に“顔出し”をしているメンバーたちだが、今回は、顔を見て話しがしたいとのことで、放送上では隠した形で、初共演となるマツコ・デラックスに顔を見せて収録をした。

【写真】すとぷりと軽快なトークを繰り広げたマツコ

 すとぷりは、YouTubeやニコニコ動画、ツイキャスなどの動画配信サイトを中心に、歌やゲーム実況などさまざまなジャンルの動画を配信する、莉犬、ジェル、さとみ、るぅと、ころん、ななもり。からなる6人組。YouTubeでの動画総再生数は33億回を超え、1stフルアルバム『すとろべりーらぶっ!』(2019年7月発売)がオリコン週間アルバムランキング1位を獲得するなど、高い人気を誇っている。

 6人全員が、ぬいぐるみで顔を隠した状態で中継がスタート。マツコの「ジェルちゃんの声が一番好きかな」というマツコの要望で、オレンジ担当ジェルが最初に顔を出すことに。少し戸惑いながらも、ぬいぐるみを外すと、マツコは「ほら、ちょっと大人」と、第一印象を明かした。

 ほかのメンバーもマツコに素顔を見せると、「やっぱりジェルちゃんみたいな、おとぼけ好きなんだっていうのが、自分で分かったわよ」と笑うマツコに、ジェルも「僕もマツコさんタイプですよ」と機転よく切り返し、盛り上げ上手な一面を見せる。

 その後もゲーム実況で活躍するさとみが、実況中によく登場する「ナイス」のフレーズを披露したり、一番のパリピ担当・ころんが「猿のモノマネ」をしてかわいい一面を見せたりと、それぞれ違った個性を発揮する。

 そんな個性的なメンバーをまとめるリーダー・ななもり。は、メンバーの活動をサポートする会社を自ら立ち上げている。活動のきっかけを話し始めると、知的ないい声で理路整然とした話し方に、マツコは「このまま、ななもり。ちゃんの話聞いてたら、最後に壺買ってるんじゃないかって…。やっぱり一人だけ喋り方が何かを説得するタイプよね」と、プロデューサーとしての手腕を称賛していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ