プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

鈴鹿央士×秋田汐梨、映画『星空のむこうの国』予告編解禁

映画『星空のむこうの国』(7月16日公開)ポスタービジュアル(C)2021「星空のむこうの国」製作委員会の画像

映画『星空のむこうの国』(7月16日公開)ポスタービジュアル(C)2021「星空のむこうの国」製作委員会

 TBS系日曜劇場『ドラゴン桜』にも出演し、次世代を担う俳優として注目されている鈴鹿央士が主演する映画『星空のむこうの国』(7月16日公開)の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

【動画】33年ぶりに蘇る伝説のラブストーリー『星空のむこうの国』予告編

 本作は、1986年に公開された小中和哉監督の商業デビュー作を35年の時を経てセルフリメイクした本作。予告編は、相舞高校・天文部の森昭雄(鈴鹿)が親友の尾崎誠(佐藤友祐)に寝ているところを「また同じ夢だろ?」と起こされる、なんでもない秋の一日がモノクロの映像で綴られる。昭雄は毎晩見たことのない美少女が昭雄をじっと見つめて、何かを語りかけてくるような夢を見ている。ある日誠とバス通学の途中、その美少女を偶然に見つける。その瞬間、「君に出会って世界が色づいた。」というテロップとともに、映像はカラーに変わる。

 彼女の名前は理沙(秋田汐梨)。理沙はある約束を果たすため、もうひとつの世界線に生きる昭雄のことを、ずっと呼び続けていた。理沙の純粋な想いが、星空の向こうの国から運命の人を呼び寄せたのだ。

 交通事故にあって死んでしまった世界に入り込んでしまった昭雄は、夢に見た美少女の理沙と33年に一度のシリウス流星群が地球に最接近する日に交わした“ある約束”を果たすため奔走する。

 初解禁となる、lol -エルオーエル-の主題歌「2 your world」をバックに、星が引き合わせた2人はどんな運命をたどるのか? また、1986年版『星空のむこうの国』で理沙を演じた有森也実が本作では理沙の母親として登場。その姿も映し出されており、かつて“パラレルワールド”の金字塔と呼ばれた伝説のラブストーリーが、35年の時を経てどんな作品に生まれ変わるのか? 期待の高まる予告編に仕上がっている。

 あわせて解禁されたポスタービジュアルは、満点の星空を背景に、昭雄に寄り添う理沙が二人で流星群を見上げるビジュアル。パラレルワールドで出会った二人は、“星空のむこう”を見つめながらどんな想いを馳せるのか?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ