プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

佐藤健&有村架純『るろ剣』で描いたラブストーリー「儚くもあたたかい日々でした」

『るろ剣』への思いを語った(左から)有村架純、佐藤健 (C)ORICON NewS inc.の画像

『るろ剣』への思いを語った(左から)有村架純、佐藤健 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の佐藤健、有村架純が4日、都内で行われた映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の初日御礼舞台あいさつに出席した。

【全身ショット】可憐な和装姿で登場した有村架純&佐藤健

 本作では、志々雄真実(藤原竜也)との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる。原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁(新田)とのクライマックスが描かれる『The Final』、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』の2部作で描かれる。

 今作では、剣心(佐藤)と巴(有村)のラブストーリーも描かれ、佐藤は「最初の剣心は、心を持っていなくて、人を斬って目標に向かっていく。それが巴という人に出会って人間になっていく。そんなところが悲しく、美しく映ればいいなと思いました」と振り返る。

 有村も「まず準備段階から、衣装・メイク一つににしても、プロの方が練りに練ってくださった巴のビジュアルがあって、その時間を過ごしていく中で監督たちにいただいた言葉、漫画やアニメの情報を自分の中で咀嚼(そしゃく)していきました」としみじみ語った。

 そんな役作りの日々を送るなか、有村が「佐藤さん演じる剣心がそばにいたことが大きく、物語を紡いでいく中では、十分に自分の中で積み重なっていきました」と感慨深げ。佐藤も「(剣心と巴のシーンは)儚くもあたたかい日々でした。すごく地味な生活を送っていたけど、その生活がいかに幸せかということを教えてもらいました」と噛みしめるように話していた。

 舞台あいさつにはそのほか、村上虹郎、北村一輝、江口洋介、大友啓史監督が出席した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ