プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『悪魔のメムメムちゃん』完結巻発売 新作描きおろしオマケ漫画含め総276ページに

『悪魔のメムメムちゃん』完結12巻発売 (C)四谷啓太郎/集英社の画像

『悪魔のメムメムちゃん』完結12巻発売 (C)四谷啓太郎/集英社

 漫画『悪魔のメムメムちゃん』(作者・四谷啓太郎)のコミックス完結巻となる第12巻が4日、発売された。

【画像】キャラ大集結!猫?もチラリの『悪魔のメムメムちゃん』イラスト

 最終巻は、新作描きおろしオマケ漫画13ページを含む、総276ページの特大ボリュームに。巻頭には作者描きおろしのカラーピンナップがつき、制作秘話や100話掲載時に行ったキャラクター人気投票結果の完全版も収録されている。

 同作は、健全な男子高校生・ひょう太の元に現れた女悪魔・メムメムちゃんは、男をたぶらかして魂を奪うのが目的だが、彼女は「できない。そそらない。でもへこたれない」稀代のポンコツ悪魔だった。メムメムちゃんは魂をゲットすることができるのか?その姿が描かれる。

 漫画アプリ『少年ジャンプ+』にて2016年に連載がスタートし、2021年4月に約5年に及ぶ連載が終了。今回の完結巻に担当者は「ポンコツダメっ娘コメディとして始まったメムメムちゃんのストーリー。ポンコツ極まり、11巻では魔界全土を巻き込む一大事を起こしたメムメムですが、12巻分のやらかしを清算すべく、ついに魔界を救おうと動き出します。一方で主人公のひょう太の恋模様が動いたり、大人気の魔人デデルと悪魔モモーラの過去も明かされたり、波乱の一巻となっています。ジャンプ+の火曜日を支えた名作の感動のフィナーレをどうぞ楽しんでください!」と呼びかけた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ