プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

宮沢りえ、34年ぶりに白鳥麗子役で出演「とても思い出に残る撮影になりました」

宮沢りえが出演した三井のリハウスTVCF「白鳥麗子」篇のワンシーン(1987年放映)の画像

宮沢りえが出演した三井のリハウスTVCF「白鳥麗子」篇のワンシーン(1987年放映)

 女優・宮沢りえ(48)が1987年に「白鳥麗子」を演じて話題となった『三井のリハウス』のテレビCMに、34年の時を経て同じ白鳥麗子役で再登場することが、わかった。きょう4日から新TVCF「リハウスって何?」「家を売るって大変?」篇が全国で放映を開始する。

【動画】宮沢りえが“白鳥麗子”としてCMに帰還 1987年放映のCMも

 新CMでは、白鳥麗子は中学生の娘(近藤華)を持つ母親となり、住みかえで朝日ヶ丘に帰還。「リハウスって何?」篇では、現在と34年前の白鳥麗子の共演が実現している。また、宮沢は『三井のリハウス』『三井不動産グループ』のナレーションも担当している。

 宮沢は「初めてセリフというものをいただいて、本当に緊張したことを覚えています。手も膝も震えていて撮影が終わった後は、絶対女優さんにはなれないと思っていました。私という人間が認識された初めてのTVCFだったと思います。今回34年ぶりに白鳥麗子を演じて、34年間も自分はこの仕事をやってきたのだと思いましたし、とても思い出に残る撮影になりました」とコメントしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ