プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

中村倫也“マネージャー”目線で明かされるマクベスの過去 『コントが始まる』場面写真が公開

『コントが始まる』第8話に出演する菅田将暉、中村倫也 (C)日本テレビの画像

『コントが始まる』第8話に出演する菅田将暉、中村倫也 (C)日本テレビ

 俳優の中村倫也が出演する、日本テレビ系連続ドラマ『コントが始まる』(毎週土曜 後10:00)第8話(5日放送)の場面写真が公開された。菅田将暉演じる春斗らお笑いトリオ・マクベスのマネージャーである楠木実籾(中村)と春斗が一緒に焼き鳥屋ボギーパットで飲んでいるシーン。第8話では楠木目線から、マクベスの5年間の活動が語られる。

【写真】なぜかファミレス・メイクシラーズにも現れる楠木(中村倫也)

 今作は『俺の話は長い』(日テレ/2019)で、第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹氏が脚本を担当。プロデューサーは『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の福井雄太氏が務める。春斗、潤平(仲野太賀)、瞬太(神木隆之介)らお笑いトリオ・マクベスと、彼らがいつもネタ作りに集うファミレスのウェイトレス・里穂子(有村架純)、妹・つむぎ(古川琴音)の5人の男女による群像劇を描く。

 楠木は、マクベスの3人と出会う前からボギーパットの常連客で、ほぼ毎日通っていたのだが、なぜマクベスがパソリブレに所属することになったのかが、明らかになる。マクベスのマネージャーとなってからは、ボギーパットに通うことはほぼなかったが、マクベスの解散を目前に控え、楠木は久々に店へと顔を出す。

 ボギーパットのトイレに貼ってある演歌歌手のポスターは、なんとパソリブレ所属の歌手ばかりだったことも判明。いままであまり明らかにされていなかった楠木の過去や、マクベスに対する熱い想いも描かれる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ