プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

中川大志、間の悪い“殺し屋”役でクランクイン 凛々しい空手着姿を披露

7月4日スタート『ボクの殺意が恋をした』クランクインを迎えた中川大志(C)読売テレビの画像

7月4日スタート『ボクの殺意が恋をした』クランクインを迎えた中川大志(C)読売テレビ

俳優の中川大志が主演する、7月4日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(毎週日曜 後10:30)のクランクインを迎えた。抜群の身体能力と甘いルックスを持つものの、最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(おのとら・しゅう)を演じる中川の凛々しく、優しい一面が垣間見える劇中カットが公開された。

【写真】最高に“間が悪い”殺し屋を演じる中川大志

 今作は、映画『翔んで埼玉』『かぐや様は告らせたい』『ライアー×ライアー』の徳永友一氏がオリジナル脚本で手掛けるスリリング・ラブコメディー。柊は自分の育ての親である“伝説の殺し屋”を何者かに殺されてしまう。仇を討つため「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になることを決意する柊。そして用意周到に暗殺ターゲットの人気漫画家・鳴宮美月(新木優子)に近づくが…柊は“殺しの才能はゼロ”だった――。

 初日の撮影はまず、柊が殺し屋となる前の日常シーンから。柊は育ての親・丈一郎(藤木直人)の経営する清掃会社で働いている設定のため、中川は作業着姿。それでも長身かつスタイル抜群ゆえ、ラフな格好でも周囲の目を引いていた。スタッフによる「本日クランクインになります!」の声を受けると清掃会社の商用車に乗り込み、セリフ合わせを始めた。合間には役作りのため中川がやっているトレーニング話などで盛り上がった。

 続いて海沿いの公園へ場所を移し、柊が風船を木に引っ掛けた幼い子どもたちを助けるシーンを撮影。華麗な身体能力を駆使して風船を回収したものの、たまたま近くにあった枝にぶつかり風船を割ってしまうという、心優しくも“間が悪い”、柊らしい一場面となる。

 撮影に使われた、なかなか立派なマツの木に「想像してた3倍ぐらい高い。届くのかな」と茶目っ気たっぷりの表情を見せる中川は持ち前のコミュニケーション能力の高さで共演者の子どもたちともにすぐに仲良しに。撮り終える頃にはすっかり懐かれていた。子どもたちに向ける優しい笑顔はどこか劇中の柊に重なる部分も。また海岸沿いでは、凛々しい空手着でトレーニングを行うシーンも撮影され、こちらではキリッとクールな表情を魅せている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ