プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

STU48・今村美月&石田みなみ、短編映画W主演 老舗酒蔵の物語で「日本酒」文化を応援

短編映画『酒蔵のむすめ』にW主演する(左から)今村美月、石田みなみ (C)STUの画像

短編映画『酒蔵のむすめ』にW主演する(左から)今村美月、石田みなみ (C)STU

 アイドルグループ・STU48の今村美月(21)と石田みなみ(22)が、コロナ禍の中で大打撃を受けている日本酒を盛り上げる短編映画『酒蔵のむすめ』にダブル主演することが明らかになった。創業270年の老舗酒造を舞台に繰り広げられるヒューマンラブストーリーで、主題歌は元Little Glee Monsterの荒井麻珠(23)が歌う。

【写真42点】船上劇場「STU48号」最終2公演の模様

 同作は、老舗酒蔵に生まれた一人娘の生涯を描く作品。「コロナ禍で酒類を扱う居酒屋など飲食店は苦境に立たされています。それは酒造会社にも大きな影響を及ぼしています。そう言った中で日本の文化でもある日本酒を少しでも盛り上げたかった」と、世界日本酒機構が中心となって製作する。

 主演には、先月25日に千秋楽を迎えたSTU48の舞台公演『Selfish amity’s』で選抜10人にも選ばれた今村と石田が抜擢された。「酒造と日本酒のイメージを最大限にアピールできるアイドル」というのが起用の理由。酒蔵の一人娘・夏子を演じる今村は「夏子のキラキラした人生の一瞬を精一杯演じていきたい」と言い、その夏子の親友役を演じる石田も「映画は初めてなので嬉しさと同時に緊張もしています」と意欲を見せている。

 撮影で最も力を入れているのは夏子のウエディング・シーンだそうで、京都・京丹後市に4月末にプレオープンした施設『デュラクスアウトドアリゾート京丹後久美浜LABO』での撮影を行うことになった。約3000坪の広大な敷地にドーム型のグランピングテント5棟が設置され、全長15メートルもある可動式恐竜も活かした豪華な演出で作品を盛り上げたいとしている。

 同施設を運営する前田雄一代表は「全力で日本酒のプロモーションに協力したい。映画を通して驚きと感動を与えていきたい」と語る。石田も「日本最先端のグランピング施設でのウエディング撮影が一番の楽しみ。とにかくワクワクしています映画を見て下さる方々に酒蔵の奥深さと合わせて、グランピング施設の素晴らしさも伝えられたら嬉しい」と顔をほころばせていた。

 その他、新進女優として注目され、NACK5で元千葉県知事・森田健作の番組アシスタントとしても活躍中の風谷南友や、マイケル・ジャクソンのインパーソネーターとして今、注目されているダンサー、マイケル・ジャクトンらが出演する。

 6月中旬にクランクインし、8月に東京・秋葉原で開催が予定されている『TOKYO SAKE FESTIVAL2021』でプレミアム公開し、秋以降は全国に拡大していく。現在、日本酒については政府も海外の販路拡大などで支援していくことを決めており、アジアや米国の和食レストラン、さらにはスーパーなどへと消費拡大を図ろうとしていることから「ウエディング・パーティーのシーンを盛り込むことで、食事に合わせての日本酒の飲み方を提案していきたい」(映画関係者)と関係各省との連携で「アジア各国の配信業者と組んでの公開も考えていきたい」としている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ