プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Sexy Zone菊池風磨、渡辺大知&アイクぬわらと連ドラ主演 “イタかわ男子”の妄想恋愛トークさく裂

プラチナイト モクドラF『イタイケに恋して』に主演する渡辺大知、菊池風磨(Sexy Zone)、アイクぬわら (C)読売テレビの画像

プラチナイト モクドラF『イタイケに恋して』に主演する渡辺大知、菊池風磨(Sexy Zone)、アイクぬわら (C)読売テレビ

 俳優の渡辺大知、Sexy Zoneの菊池風磨、超新塾のアイクぬわらが、7月スタートの読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト・モクドラF『イタイケに恋して』(後11:59)で主演を務めることが決定した。不器用でモテない、イタいけどかわいい男子たちが、恋愛インフルエンサーの助手となり恋のキューピッドとして大奮闘していくストーリー。教会を改修したシェアハウスでともに暮らす3人が、日々間違いだらけの恋愛妄想トークをさく裂させながら“さまざまな恋の形”と向き合っていく。 

【写真】『東京タラレバ娘』などにも出演した渡辺大知

 今作で地上波連ドラ初主演となる渡辺が演じるのは、とにかく売れないシンガー・ソングライター、影山信博(かげやま・のぶひろ)。路上で歌う傍ら、ウェブでは素顔を隠してビジュアル系ボーカルとして活動。一方で過去の恋愛に大きなトラウマがあり、恋が出来なくなってしまっているという役どころだ。渡辺は「もうすでに菊池さん、アイクさんと3人で集まるとその空気になるというか、この3人の中で生まれる空気が役柄を作ってくれる部分があるので、何も意識せずに挑めそうです」と雰囲気の良さを実感。

 菊池が演じるのは、とにかくプライドが高くて売れない劇団俳優・飯島将希(いいじま・まさき)。自信過剰で売れていないし、売れる気配もないが売れる自信はあるという役どころ。一方で惚れやすくて、すぐに本気で告白をしてしまうという一面も。毎話本気で恋をして、毎話本気で告白をしてしまう“令和の寅さん”スタイルも隠れた見どころ。菊池は「物語の中では毎週告白をする事になりそうなんですが、そんなことは僕の人生の中でもないことだと思うので…心の底から存分に告白していけたら、と思っています!」とやる気をみせる。

 そして、アイクが演じるのは、とにかくピュアで売れない外国人少女漫画家のマリック・ジョンソンJr.。少女漫画ヲタクで、漫画家になることを夢見て来日してきたが、未だ日の目を見る事はないアメリカ人。ドラマ初主演となるアイクは「台本を最初に読んだ時には『なにこれ?めちゃくちゃおもろいじゃんかよ!?』と思いました。アーティストもいるし、俳優もいるし、そしてオタクがいて、そんな彼らが同じ家で暮らしていて。ロマンティックアドベンチャーみたいなところがあるから…とりあえず見て欲しいですね」とアピールする。

 今作の脚本は『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)、『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)などを手掛けた徳尾浩司氏による完全オリジナル作品。『書けないッ!?~脚本家吉丸圭佑の筋書きのない生活~』(テレビ朝日系)なども担当した豊島圭介氏が演出を担当。ミュージシャン、トップアイドル、お笑い芸人の3人が巻き起こす化学反応がみどころとなる。

 福田浩之プロデューサーは「世界は“多様性”に満ちています。そして、その“多様性”は、もちろん恋愛においても例外ではありません。不器用だけど一生懸命な3人の男が、さまざまな境遇や立場の人間が持ち込む愛の悩みに向き合い、悪戦苦闘する姿を通して、現代社会における“好きの多様性”、そしてそれでも変わらない“好きの普遍性”=“どんな形であろうと恋することの素晴らしさ”を3人と一緒に感じていただきたいです」とコメントを寄せている。

■キャストコメント
<渡辺大知>
台本を最初に読んだ時に、主人公3人のドタバタがめちゃくちゃ可愛く感じられて、一緒にこのシェアハウスに住みたい!と思えました。3人ともダメだな~、と思えるツッコミどころもあるんですけど、それも含めて、愛らしく感じられる脚本です。もう既に菊池さん、アイクさんと3人で集まるとその空気になるというか、この3人の中で生まれる空気が役柄を作ってくれる部分があるので、何も意識せずに挑めそうです。
一方で、時折ふと気づかされるような刺さるセリフ、ぐっとくるセリフもいっぱいあって。そういうセリフを温かみのある言葉にして人間臭さを出していきたいと思っています。お楽しみに!

<菊池風磨(Sexy Zone)>
僕が演じる飯塚は…簡単に言うとクズ男です(笑)本当にまっすぐで純粋でスゴくいい人なんだけれど、スグに人を好きになってしまったり、ヒモっぽいところがあったり。それでも周りから愛されるようなキャラクターなので、僕自身が飯塚を愛しながら演じていきたいです。物語の中では毎週告白をする事になりそうなんですが、そんなことは僕の人生の中でもないことだと思うので…心の底から存分に告白していけたら、と思っています!
このドラマをみて、恋愛っていいなーとか、こんな恋愛したいなーとか、恋愛についての想いを皆さんが膨らませてもらえたらなと思っています。放送をお楽しみに!

<アイクぬわら>
今回のドラマに出演することができてめちゃくちゃうれしいです! 僕自身、頭を使う事がすごい好きなんです。だから「自分の国の言葉」じゃない言語で演技をするという仕事はマジで楽しいです。半端ないです。台本を最初に読んだ時には「なにこれ?めちゃくちゃおもろいじゃんかよ!?」と思いました。アーティストもいるし、俳優もいるし、そしてオタクがいて、そんな彼らが同じ家で暮らしていて。ロマンティックアドベンチャーみたいなところがあるから…とりあえず見て欲しいですね。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ