プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

柏木由紀「まとまって治療に専念っていう時があると思う」 10万人に1人の難病の可能性

柏木由紀 撮影/逢坂 聡(C)oricon ME inc.の画像

柏木由紀 撮影/逢坂 聡(C)oricon ME inc.

 アイドルグループ・AKB48の柏木由紀が3日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。この日放送のテレビ東京系『主治医が見つかる診療所』で「脊髄空洞症」の可能性を診断されたことを受けて、心境を語った。

【写真】気になる診断結果は?初の人間ドックを体験した柏木由紀

 柏木は番組で人間ドックを受け、脊髄に腫瘍のある可能性が発見され、腫瘍であれば“10万人に1人”と言われる「脊髄空洞症」と疑われるという結果に。早期発見となったが、仕事はもちろん私生活にも支障が出る可能性があることから、医師から病院での受診を勧められた。

 この結果を受けて、柏木は「すごく急いで何かをしなきゃいけない、治療をしなきゃいけないってことではなく、ゆっくり進行していくもので、一刻を争うとか命に別状もない」と現状を説明。結果を聞いたときは「私…? こんなに毎日元気で踊ってる私が、脊髄の病気なの?」と信じられなかったと振り返った。

 AKB48のコンサートを控えていたことから、現在まで本格的な治療は始めていないが「スケジュールと相談しながらというか、様子を見て、ちょっとまとまってもしかしたら治療に専念してっていう時があると思うんですけど。その時になってみないとどのくらいかわからないのですけど」と明かし、「本当にいい番組にいい病院も先生も紹介していただいて」と番組に感謝も伝えた。

 また、自身の手のしびれがきっかけとなったことから、人間ドックの重要性を視聴者に強く呼びかけた。動画では、コンサートに取り組んだ心境や現在の体調についても語っている。
 

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ