プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

五木ひろし、竜馬四重奏と初コラボ “20年ぶり”三味線の立ち弾きも

『徳光和夫の名曲にっぽん~昭和歌謡を歌い継ぐ!歌の世界~』より (C)BSテレ東の画像

『徳光和夫の名曲にっぽん~昭和歌謡を歌い継ぐ!歌の世界~』より (C)BSテレ東

 歌手の五木ひろしが、4日放送のBSテレ東『徳光和夫の名曲にっぽん~昭和歌謡を歌い継ぐ!歌の世界~』(後7:00)に出演し、初共演の竜馬四重奏と“歌と演奏”のスペシャルコラボを披露する。

【写真】中澤卓也、辰巳ゆうと、新浜レオンも出演

 五木の名曲に、ヴァイオリン、津軽三味線、篠笛、鼓の4人からなる竜馬四重奏がアレンジを加えた、6分を超える超大作「雪燃えて」、大ヒット曲「契り」「夜空」は必見。あらゆる楽器を演奏する五木は、約20年ぶりとなる三味線の立ち弾きも披露する。

 後半では、昭和歌謡の3大作曲家・古賀政男、遠藤実、船村徹や、五木が尊敬してやまないという名作詞家・西條八十の名曲を振り返るコーナーも。さらに五木のギターによる伴奏で、演歌歌謡界の若きホープ・中澤卓也、辰巳ゆうと、新浜レオンが歌い上げる。

<五木ひろし>

――竜馬四重奏とコラボされて、いかがでしたか。
特殊な編成ですがお一人おひとりがエネルギッシュで、気持ちよく歌わせてもらいました。ぜひ、またどこかで共演させてもらいたいと思っています。

――演歌界の若手歌手たちとコラボされて、いかがでしたか。
それぞれに魅力のある歌声でした。昭和歌謡の名曲を若い歌手の皆さんが歌い継いでくれるのはとてもうれしいです。

――今回、歌唱された曲又は演奏された曲で、特に印象的だった曲、またその理由を教えてください。
「雪燃えて」。久しぶりに私も三味線を演奏しました(特に立奏は本当に久しぶりです)が、楽器を弾きながら歌うとより心がこもるように思います。竜馬四重奏と私の歌と三味線、ぜひお楽しみに。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ