プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『ロスト・バケーション』制作陣の新作映画 今度は空を舞台にしたサバイバル劇

映画『元カレとセスナに乗ったらパイロットが死んじゃった話』8月6日(金)TOHOシネマズ日比谷ほかで公開決定 (C)2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.の画像

映画『元カレとセスナに乗ったらパイロットが死んじゃった話』8月6日(金)TOHOシネマズ日比谷ほかで公開決定 (C)2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 海を舞台に人喰いサメとの死闘を描き話題を呼んだサバイバル映画『ロスト・バケーション』(2016年)の制作陣が、空を舞台に再びスリリングなサバイバル劇を描いた映画『HORIZON LINE』(原題)の邦題が、『元カレとセスナに乗ったらパイロットが死んじゃった話』に決定。8月6日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほかで日本公開されることが決定した。この夏は劇場で、冷や汗も吹き飛ぶほどの壮絶な空の旅を味わって。

【動画】手に汗握り、息をするのも忘れるほどの予告編

 友人の結婚式のため小型セスナ機でインド洋に浮かぶ南の孤島へ向かうことになったサラ。タイミング悪く、偶然乗り合わせたのはかつての恋人で今は気まずい関係のジャクソン。内心穏やかでないものの、目の前に広がる真っ青で美しい海と一面快晴の空に弾む心は抑えられず、空の旅は始まった。

 しかし、離陸直後上空6000メートルでパイロットが心臓発作により急死してしまう。自動操縦は機能せず、GPSは故障。通信機能も途絶え、前方には追い打ちをかけるように巨大乱気流まで迫る。絶体絶命の窮地に立たされた2人が生き残るためにとったまさかの行動とは――。“愛の不時着ってどこの話だよ!?” サラとジャクソンに襲いかかる究極のシチュエーションと恐怖体験に、観客の緊張と興奮もノンストップ必至。機体が乱高下するたびに全身に受ける<落下G>を錯覚するほどの映像体験が楽しめそうだ。

 サラを演じるのは、米ニューヨークに暮らす20代の4人の女性たちのリアルすぎる日常を描いた作品として物議を醸しながらも、エミー賞とゴールデングローブ賞を受賞したドラマシリーズ『GIRLS/ガールズ』で4人のうちの1人を演じ一躍ブレイク、その後、アカデミー賞にノミネートされたジョーダン・ピール監督の『ゲット・アウト』(17年)にも出演し、話題を呼んだアリソン・ウィリアムズ。

 元カレのジャクソンを演じるのは、2015年から放送を開始したNetflixのドラマシリーズ『ラスト・キングダム』で主人公ウートレッドを演じて話題を呼び、人気を獲得したアレクサンダー・ドレイマン。2人の絶叫顔も見逃せない作品だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ