プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

「お前が悪いんだよ!」モラハラ夫の罵声に怯える日々…洗脳が解けた主婦、絶縁への逃亡劇

『モラハラ夫に人生を狂わされた話』(C)もちママの画像

『モラハラ夫に人生を狂わされた話』(C)もちママ

 モラハラで悩み苦しんだ元夫との出会いから結婚、離婚までをリアルに綴り、インスタグラムで話題の漫画『モラハラ夫に人生を狂わされた話』。著者のもちママさんは、離婚を決意するまで自分がモラハラを受けていたと気づくことができず、むしろ夫が怒るのは“自分がダメなせい”と考えてきたという。そして、その状態を今振り返ると「洗脳されていた」と語る。マインドコントロールから解き放されるためにはかなりの苦難がつきものだが、もちママさんはどうやって洗脳に気づき、モラハラ男から脱却することができたのか。

【漫画】「今コイツ、なんて言った⁉」陣痛で苦しむ妻にモラハラ夫が放った衝撃のセリフとは?

■自分は「洗脳されていた」、思い込みの恐怖

――作品ではご自身のことを「洗脳されていた」と表現されていますが、なぜそう感じられたのですか?

【もちママ】自分が悪いことをしていなくても「お前が悪い」「お前のせいだ!」と言われ続けていると、本当に何でも自分が悪いんだと思い込むようになります。第三者にこの現状を話す機会もなく、狭い世界だけで比較するものもなかったので、自分自身が劣悪なものと認めざるを得ない状況に陥って、自分はダメな人間なんだと思うようになっていました。

――漫画では、母親の言葉をきっかけに「洗脳が解けた」と表現されていますが、具体的にはどんな心境だったのですか?

【もちママ】母親の言葉の前に、育児家事、仕事をこなしつつも国家試験に合格できたことで、自分に自信を取り戻すことができました。それで徐々に洗脳が解けかけていたのですが、それでも夫に責められ続けるとまた安易に自信をなくしがちで、どこか違和感が残るという状態でした。

――母親がもちママさんにかけた「あなたは悪くない!」という言葉が印象的でした。

【もちママ】その言葉でふわっと肩の重みが取れたことを覚えています。夫に責められ続けて自分が悪いと思っていた部分を母に否定してもらえたことが自信につながったんだと思います。

――もちママさんの職場の方たちも、とても親切で協力的で、恵まれた交流関係だった様子がうかがえます。

【もちママ】はい、かなり心の支えになりました。慣れない子育て、友達や知り合いのいない環境、モラハラの支配から離れられて、家にいるよりも職場にいるほうが数倍楽しくて、気持ちが楽でした。なので、仕事が終わって家に帰るのが憂鬱でしたね。

■「自分の人生は自分だけのもの」笑って幸せを感じられる道を進んで

――洗脳が解けたと同時に離婚を決意し、実家に戻られましたが、家を出るには勇気が必要だったのではないですか。

【もちママ】どんな罵声を浴びせられるかという恐怖と、夫を捨てる罪悪感が混じり合って、頭の中がぐしゃぐしゃになっていました。自分の行動は間違っていないか? と何度も自問自答しました。私が夫を捨てることで夫は大変な目に遭うだろうと考えると、私はなんてことをこれからしようとしているんだろう、夫が可哀想かもしれないという気持ちになる一方で、今まで散々ひどい目に遭ってきたんだから夫には天罰だ! という強気な気持ちも生じて、気持ちの浮き沈みが激しかったです。

――離婚を告げて家を出たときの元夫の反応は?

【もちママ】泣き言を言われたり、「これからもっと改善して頑張る」などと説得されたり、気持ちがぐらつきかけましたが、前科があるので嘘だなと思いました。前に実家に逃げて、また家に戻ってきたとき、少しは優しかったり前より育児や家事を手伝ったりしてくれたのですが、すぐに元に戻りましたから…。モラハラ体質の人は治りにくいのでしょう。期待するだけ無駄だと思いました。

――夫や彼からのモラハラに悩んでいる女性たちに言葉をかけるとしたら?

【もちママ】今、隣にいる夫または彼氏との生活や、一緒にいる時間を振り返ってください。あなたは笑っていますか? もし笑っていなければ、歩む道はひとつです。自分の人生は自分だけのもの。自分が笑って幸せを感じられる道を進んでください。くだらない人間に無駄な時間、労力、お金を奪われるのは損です! あなたは決して、悪くありません。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ