プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“狂犬”佐々木大光&“変人”小島健、東西“アウト”ジャニーズJr.が『アウト×デラックス』初出演

『アウト×デラックス』ジャニーズアウト第6弾に出演する佐々木大光(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)と小島健(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.) (C)フジテレビの画像

『アウト×デラックス』ジャニーズアウト第6弾に出演する佐々木大光(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)と小島健(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.) (C)フジテレビ

 ジャニーズJr.の人気グループ・7 MEN 侍の佐々木大光、Aぇ!groupの小島健が、3日放送のフジテレビ系バラエティー『アウト×デラックス』(毎週木曜 後11:00)に初出演。ジャニーズアウト第6弾として、他のメンバーから“狂犬”と呼ばれる佐々木、“変人”と呼ばれる小島が、満を持しして登場。“アウト軍団”で先輩のA.B.C-Z・塚田僚一の意外な一面も明らかにする。

Aぇ!groupのテレビ主演歴

 同番組は独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之、マツコ・デラックスとアウトなトークを展開する。これまで“ジャニーズアウト”として、2013年に登場した三宅健(V6)を筆頭に、塚田、戸塚祥太(A.B.C‐Z)、ふぉ~ゆ~、佐久間大介(Snow Man)が出演してきたが、今回はデビュー前のジャニーズJr.からも“刺客”がやってくる。

 まず“狂犬”と“変人”と呼ばれる2人に番組が事前にインタビューし、スタジオメンバーの印象を聞く。続いて塚田の印象を聞くと、佐々木からは意外な解答が。スタジオで、その答えを検証していくと、ついには「自分たちの知っている塚ちゃんじゃない!」との声があがるほど、番組共演者も今まで知らなかった、塚田のアウトな一面が発覚。そして2人にあこがれの事務所の先輩を聞くと…、これには塚田も声を上げる。

 さらにインタビューで気になった2人のアウトな解答を紹介。佐々木に子どもの頃の夢を聞くと『たこ焼きになりたかった』。小島に座右の銘を聞くと、聞いたことのない言葉が…一体どういうことなのか。そして気になる2人の“アウトポイント”をそれぞれのメンバーがタレコミ。スタジオの反応は。最後に答える“塚田のいいところ”にも注目だ。

 視聴者に向け、佐々木は「できる限りのことは頑張ったつもりですので、見て、楽しんでいただけたらうれしいです」と全力をアピール。小島は「具体的に何も覚えていないくらい緊張していたのですが、頑張ったので、ぜひみてください。僕も放送を一緒に一から見るつもりです」とオンエアに期待を込めている。

■佐々木大光&小島健インタビューコメント

――出演の話が来た時の感想
佐々木「『アウト×デラックス』か!という驚きとうれしさですね。僕も(グループではなく)一人で出るのは初めてなので、小島がいてくれてよかった~と思いました」
小島「普通にうれしかったですね。一人だとめちゃめちゃ緊張したでしょうから、大光と二人でよかったなあという話もしました」

――収録を終えての感想
佐々木「小島君は意外に面白い人なんだなあというのが今日初めてわかりました(笑)。もっとおとなしい方なのかなあと思っていたので、新しい発見でした。独特の空気感が漂う番組だと思いました」
小島「芸能界の大先輩に囲まれて緊張しました。自分のどの辺がアウトとかもよくわからないですし、グループのメンバーのタレコミも知らなかったので、なんて答えようか、とまどいました。バラエティー番組ではありますが、みなさん自分の考えをしっかり持っていらっしゃる方ばかりで、勉強になりました」

―― 一緒に出演した、塚田僚一(A.B.C-Z)について。
佐々木「ウラで見せる面とは違って、すごく面白いなあと思いました(笑)。いつもは先輩らしくしっかりされているので、いろいろな方にツッコまれて、ちょっととまどっている姿を今日初めて見ました」
小島「今日、名前を覚えてくれたんじゃないかな?というくらい、はじめてこういう形でお仕事させてもらいました。でもジャニーズの先輩が一緒にいるだけで全然違うので、塚田君がいてくれてすごく助かりましたし、ほっとできる存在でした」

――視聴者の皆様にメッセージをお願いします。
佐々木「できる限りのことは頑張ったつもりですので、見て、楽しんでいただけたらうれしいです」
小島「具体的に何も覚えていないくらい緊張していたのですが、頑張ったので、ぜひみてください。僕も放送を一緒に一から見るつもりです」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ