プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ザック・スナイダー監督×上杉みち、オンライン対談が実現

Netflix 映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』独占配信中。Netflix オリジナルシリーズ『クリエイターズ・ファイル GOLD』6 月3 日(木)Netflix にて全世界独占配信の画像

Netflix 映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』独占配信中。Netflix オリジナルシリーズ『クリエイターズ・ファイル GOLD』6 月3 日(木)Netflix にて全世界独占配信

 世界最大級のオンラインエンターテインメントサービス「Netflix」で独占配信される、ザック・スナイダーが監督・脚本・製作によるNetflix 映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』(配信中)と、ロバート・秋山竜次によるNetflix オリジナルシリーズ『クリエイターズ・ファイル GOLD』(6月3日配信開始)がコラボレーションした特別映像が解禁された。

【動画】『アーミー・オブ・ザ・デッド』予告編

 『アーミー・オブ・ザ・デッド』は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のドラックス役で知られるデイヴ・バウティスタ、真田広之らが出演し、巨大金庫に眠る大金を狙い、ゾンビが暴れ狂うラスベガスで傭兵集団が《史上最大の強盗》に挑む物語。クセ者ぞろいの傭兵集団と、組織化された進化型ゾンビとの、“究極の一攫千金”を巡る壮絶なドラマが描かれる。

 一方、『クリエイターズ・ファイル GOLD』は、秋山がさまざまなクリエイターに扮し、絶妙なクリエイター選びと何故か本物と思わせるせりふや仕草、謎のプロフェッショナル感が話題の「クリエイターズ・ファイル」とNetflix が組ん特別版。人気俳優・横浜流星、安達祐実、永野芽郁、オダギリジョーなどGOLD級のゲストが続々と登場する。

 このたび、ザック・スナイダー監督と、監督の妻であり、『アーミー・オブ・ザ・デッド』のプロデューサーも務めるデボラ・スナイダー、『クリエイターズ・ファイル GOLD』に登場する天才子役“上杉みち”の対談が実現。

 そして、今回実現した緊急対談の特別映像は、両者の軽快なやり取りにより、終始クリエイティブで爆笑必至のやりとりに満ちたものに。冒頭から、「みちはどこだい?」とノリノリなスナイダー夫妻の前に現れたのは、秋山扮する天才子役 /上杉みち。通訳のお姉さんよりも一回り小さく見えるみちの姿や、勢いがありすぎる「6 years old!」という自己紹介を仕掛けるみちに、スナイダー夫妻も満面の笑顔。

 みちに対し「学校に行かなくていいの?」「(本作は)R-指定の映画だけど大丈夫?」と興味津々に質問するスナイダー夫妻に、思わず“遠近法を駆使する42歳”という真実を明かしてしまう場面も。さらに、デボラ・スナイダーに対して「すごくキレイだな~」と、お金と権力を持っていそうな“プロデューサー”の肩書きに擦り寄る。質問コーナーではゾンビ映画の撮影の裏側について質問。「ゾンビにはどうやって演技指導したんですか?」という役者として真っ直ぐな問いかけをするみちに対し、「メイクもしているし言うことを聞いてくれるんだ…」と正直に答え、少年の夢を壊しかけてしまう一方で、「キングゾンビ“ゼウス”のメイクは5 時間もかかった」と、ゾンビに対する徹底したこだわりも垣間見せる。インタビューの終盤では、子どもとは思えない迫真のゾンビ演技を披露するみちに対し、スナイダー夫妻は「素晴らしいよ、即起用決定だね」と笑いつつ大絶賛し、まさかの続編への出演オファーを獲得!?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ