プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

TOMORROW X TOGETHER、グループの悩みは「いつになったらMOAと会えるのか」 これまでの支援に感謝の言葉も

『The Chaos Chapter: FREEZE』発売記念メディアショーケースを開催したTOMORROW X TOGETHER(左から)SOOBIN、HUENINGKAI、BEOMGYU、YEONJUN、TAEHYUN(C)BIGHIT MUSICの画像

『The Chaos Chapter: FREEZE』発売記念メディアショーケースを開催したTOMORROW X TOGETHER(左から)SOOBIN、HUENINGKAI、BEOMGYU、YEONJUN、TAEHYUN(C)BIGHIT MUSIC

 韓国5人組グループ・TOMORROW X TOGETHERが5月31日、2ndアルバム『The Chaos Chapter: FREEZE』発売を記念したメディアショーケースを開催した。

【写真全21枚】リード曲をパフォーマンスしたTXT 個別ショットも

 TOMORROW X TOGETHERは、リーダーのSOOBIN、YEONJUN、BEOMGYU、TAEHYUN、HUENINGKAIの5人組。世界的人気を誇るBTSと同じ所属事務所としてデビュー前から注目を集め、2019年3月にデビューした。

 前作から約7ヶ月ぶりとなった『The Chaos Chapter: FREEZE』は“The Dream Chapter”に次ぐ新しいシリーズ“The Chaos Chapter”の序幕を飾るアルバムで、世界の襲撃で凍ってしまった少年の物語を盛り込んでいる。

 リード曲「0X1=LOVESONG(I Know I Love You)feat. Seori」について、プロデューサーのパン・シヒョクからどんなアドバイスを受けたか質問され、HUENINGKAIは「振り付けの繊細な部分も重要ですが、5人の感情表現がずっと重要だと話してくれた。僕たちもこのアドバイスを聴いて、感情表現にも気を遣ったと思います」と明かした。

 続けて、TAEHYUNは「プロデューサーも入れた6人のグループチャットがある。そこでいつもいい言葉をくれます。『最近見たダンス映像の中で一番良い。今回は良くなりそうだ』というような話をしてくださった。とてもありがたかったですし、自信を得ることができました。当時残っていた曲の収録もうまくいくことができた」と笑顔で語った。

 韓国だけなく、グローバルな人気を得ている同グループ。人気の秘訣を問われ、YEONJUNは「僕たちを愛してくださる全世界のファンに心より感謝しています。アーティストとして基本的に歌やダンスをすべてうまくこなす必要があると考えています」と意識していることを説明。「僕たちもまだ足りないところがありますが、成長するために努力している。絶えず発展する姿をお見せするため努力している姿をファンの皆様が応援してくださるのではないかなと思います。これからも一生懸命頑張る TOMORROW X TOGETHERの姿をお見せしたい」と決意を新たにした。

 HUENINGKAIは「僕たちだけができる物語を音楽に盛り込んでいて、共感できるという話をよく耳にします。現代の10代の皆さんの話を僕たちが解釈して、音楽、パフォーマンスを披露しているので、その分、愛してくださっているのではないかなと思います。」と分析していた。

 また終盤、グループ内での悩みや話題を問われたBEOMGYUが「僕たちの最も大きな話題は今回のアルバムのカムバック。そして、いつになったらMOAの方たちとお会いして公演することができるのか。いつ、もっとたくさん会えるようになるのか、よく話しています」とMOAへの思いを明かす場面もあった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ