プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

井上祐貴×萩原利久×木下彩音、高校生と25歳を演じ分け 映画『Bittersand』予告編

映画『Bittersand』高校時代(上)と25歳(下)の劇中写真(左から)井上祐貴、萩原利久、木下彩音 (C)Bittersand 制作委員会の画像

映画『Bittersand』高校時代(上)と25歳(下)の劇中写真(左から)井上祐貴、萩原利久、木下彩音 (C)Bittersand 制作委員会

 井上祐貴(『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』)×萩原利久(『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』)×木下彩音(『劇場版ウルトラマンR/Bセレクト!絆のクリスタル』)の共演による映画『Bittersand』(6月25日より全国順次公開)の予告編と、《制服姿の高校生》と《25歳》を演じ分けた3人の劇中写真が解禁された。

【動画】映画『Bittersand』予告編

 本作は、人生を一変させた高校時代の“相関図”事件が7年の時を経て明らかになり、止まっていた時間が動き出す、過去からの再生を描いた物語。

 高校生活は、青春の輝かしき一頁。しかし全員が、美しい記憶ばかりを持っているわけではない。何者かが黒板に描いたクラスの男女の爛(ただ)れた相関図によって、誹謗中傷の的となり日常が暗転した、暁人(井上)と絵莉子(木下)。それから2人の時計は、止まったまま。7年後、運命的な再会をきっかけに、2人の想いを行き違わせた“相関図”事件の真実が明らかなる。

 予告編冒頭では、25歳になった今もさえない日々を送っているサラリーマン・暁人が、ある日、高校時代に想いを寄せていた絵莉子と思いがけなく再会を果たす様子が映し出される。しかし彼女にとっては、暁人の秘めた想いとは異なり、彼を含めたその頃の思い出はすべて、忌まわしい3年1組“相関図”事件によって、拒絶すべき“消したい過去”となっていた。

 一方で、あの頃から自分が一歩も前に進めていないことに気付いた暁人は、当時
の事件を“無理やり忘れたふり”をするのではなく、“ちゃんと終わらせたい”と、悪友・井葉(萩原)の力を借り、自分のため、そして絵莉子のために、「記憶を塗り替える」企てを進める―。7年の時を経て、同窓会で暴かれる真実とは? それぞれの思いを抱える暁人と絵莉子は “消したい記憶”を塗り替えることができるのか? 目を背けてきた記憶を塗り替えるために不器用ながらも必死に向き合う男女が迎える結末とは――。

 本作で、制服姿の高校生と25歳になった今を演じ分けた3人。井上は見た目から伝わる暁人のヘアスタイルの変化だけでなく、「高校時代と25 歳とでは声のトーンを少し変えるように意識しました」と声の演技でも年齢を表現したと明かす。加えて「親友の井葉とのシーンでは、学生の頃の仲の良さと社会人になってからの仲の良さを比べた時、社会人の方はより一緒に居ることに慣れてる風に見える様にと思って演じました」と萩原演じる井葉との親密さでも時間経過を創出したと話す。

 暁人とは対照的に25歳になっても天真爛漫な井葉に扮した萩原は、「いい意味で、井葉はあまり変えないことを意識しました。見た目はかなり変化しているのに、中身はそこまで大きく成長してない。というのが井葉らしいのかなと思いました。変わりすぎないことで学生時代から引きずり続けている暁人に寄り添えるような気がしました」とキャラクターを深く分析して演じたという。

 そんな暁人や井葉とは異なり、7年間高校時代の友人と会っておらず“消したい過去”を持つ絵莉子について木下は、「高校生と25 歳とでは物事の考え方など大きく変わる時だと思います。まだ私は撮影時19歳でどちらの歳にも近かったので、演じやすかった感じがします」と自身の年齢と大きく異ならない2つの年齢に困惑することはなかったそう。その上で「高校生は自由に自分のペースで生きているように演じ、一方、25歳はそのギャップを見せるために大人な女性の落ち着いた感じをイメージして演じました」と明かしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ