プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

サカナクション山口一郎、完成24時間で新曲披露「ついさっきできた」 CMでワイヤーアクション初体験

点眼薬『サンテFX』の会見に出席したサカナクション・山口一郎 (C)ORICON NewS inc.の画像

点眼薬『サンテFX』の会見に出席したサカナクション・山口一郎 (C)ORICON NewS inc.

 5人組バンド・サカナクションの山口一郎が1日、都内で行われた今年発売から30周年を迎える点眼薬『サンテFX』の会見に出席。同ブランドのブランドアーティストに起用された。

【動画】サカナクション・山口一郎 新たな「キターっ!」でキメ顔披露!

 会見前にはミニライブを開催し、新曲「プラトー」や人気曲「新宝島」「忘れられないの」を披露。CMのために書き下ろし楽曲の「プラトー」だが、今回、披露したのはプレスカンファレンスエディションだそうで、山口は「この日のために作り上げた曲です。実際にできあがってから、まだ24時間経っていない、できたてホヤホヤ」と裏話を明かしながら「僕ら自身も5人そろってステージで演奏するのは約2年ぶりぐらい。すごく楽しくやらせていただきました」と充実感たっぷりに語っていた。

 テレビCMにも出演。暗い雲の中を浮遊しながら、手探りで前に進もうとする山口が映し出されている。山口は「生まれて初めてワイヤーアクションをさせていただいた。映画とかで見ていると、みんなキレイにクルクル回ったり、自由に動き回っているんですけど、あれ、めちゃくちゃ難しいですね」と撮影を回顧。「ハーネスもめちゃくちゃ食い込む。うわさには聞いていたんですけど…。すごい大変ですね」と苦笑いしつつも「貴重な体験をさせていただいた」と感謝していた。

 また、CMにかけて、うちに秘めた野心についてトーク。山口はサカナクションについて「アルバムのリリースに結構、時間がかかるバンドなんです。この楽曲(「プラトー」)も、ついさっきできた。制作が遅いんですよ」と裏事情を告白しながら「年内にアルバムを出せたらいいな。『プラトー』が収録されるアルバムをリリースしたい」と宣言していた。

 会見終了後には取材に応じた山口。「プラトー」のプレスカンファレンスエディションが完成したタイミングを問われると「きのうリハーサルだったんですけど、午前10時50分に完成して、そのままリハーサルに来て、初めてここで合わせた」と本当にギリギリだったそう。「普通、新曲できてバンドで合わせる時ってスタジオでスタッフもいない状況でやるんですけど、クライアントさんもいて、たくさん人がいる中で新曲を初めて合わせた。初めてで不思議な体験でした」と笑った。

 加えてアクシデントも。「実は寝坊しました。8時30分集合だったんですけど、8時15分ぐらいに起きちゃって…」とバツが悪そうにしながらも、完成した作品については「非常にいいものができた。自分たちも自信を持って演奏できた」と語っていた。

 新テレビCM「そうだ、その目だ」篇は6月2日から全国で放映開始。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ