プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

丸山隆平、中村アンへ気持ちを尋ねる…『着飾る恋』第7話あらすじ

『着飾る恋には理由があって』第7話の場面カット (C)TBSの画像

『着飾る恋には理由があって』第7話の場面カット (C)TBS

 女優の川口春奈が主演、俳優の横浜流星、丸山隆平、中村アンが共演するTBS系連続ドラマ『着飾る恋には理由があって』(毎週火曜 後10:00)の第7話が、6月1日に放送される。

【場面カット】故郷で”まさかの展開”を迎えた川口春奈

 同ドラマは、綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。

■第7話のあらすじ

真柴(川口春奈)は「やりたいことは、やれ」という駿(横浜流星)のアドバイス通り、以前から気になっていたランプの買い付けをするため、生まれ育った故郷・初島へ向かう。

しかしランプ工房の主人に提案を拒否され、真柴は落胆する。そんな中、なぜか祥吾(向井理)が真柴を訪ねて初島にやってくる! 対応に追われる真柴だったが、真柴の母・すみれ(工藤夕貴)は、真柴と祥吾の仲を疑って…。

さらに陽人(丸山隆平)は、羽瀬(中村アン)の依頼でデッサンのモデルになってから何かモヤモヤとした気持ちを抱いて接していたが、ある時思い切って羽瀬の気持ちを尋ねてみることにしたが…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ