プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

本田望結、歌手デビュー 初挑戦の作詞で“淡く切ない恋心”を表現「妄想癖です(笑)」

17歳の誕生日に歌手デビューすることを発表した本田望結の画像

17歳の誕生日に歌手デビューすることを発表した本田望結

 女優・フィギュアスケーターの本田望結が17歳の誕生日を迎えたきょう6月1日に、歌手デビューすることを、発表した。9日に先行配信リリースされるシングル「サクラクライ」は自身初の作詞にも挑戦し、淡く切ない恋心を表現。本田は「自分にもいつかキュンとなるようなことが起きたらいいなという妄想癖です(笑)」と照れたように語った。

【写真】レコーディングでは真剣な表情を見せる本田望結

 「もともと音楽が大好きで、いつか自分の作った曲でフィギュアスケートを滑ってみたい」と夢見ていたことがきっかけで、配信リリースが実現した。そして、昨年のプリンスアイスワールド広島・熊本公演で応援ソングを歌ったBOOOSTに一目惚れ。BOOOSTのU-keyが数年前に作った楽曲を本田が気に入り、そのメロディーに乗せて、自身で作詞を行うこととなった。

 「桜」がキーワードとなる楽曲だが「日本人なら桜が咲いていない時期にでも、ふと桜を想うことはあると思います。ふと桜を想った時、その時期の思い出が一緒によみがえってくる。桜が咲いていない桜の下で立ち止まり、大切な人との思い出に浸っている時、自分は何も進んでいない様に見えて、実は着実に進んでいるんだ!という前向きなメッセージを込めて歌いました」と、本作への思いを明かした。

 また「春=桜」だけでなく、日本の象徴でもある「SAKURA」を世界に発信していきたい気持ちと、この曲をいつまでも聞いてもらいたいという思いから、誕生日に発表したかったという。今後の新たな音楽活動としては、音楽プロデューサー・UTA氏とフィギュアスケートショーでイメージするダンスナンバーを制作中。今年8月7、8日に開催されるプリンスアイスワールド大分公演でのお披露目を目標とし、ハラミちゃんやBOOOSTとの共演も決定している。

■本田望結コメント
――作詞はどんな思いを歌詞にしましたか?
日頃、学校・お仕事・スケートというループな毎日を送っているんですけども、自分にもいつかキュンってなるようなことが起きたらいいなっていう妄想癖です(笑)。

――レコーディングを終えた感想を教えてください。
新幹線の中で一回もまばたきしなかったかなっていうくらい不安でドッキドキででも、約3時間くらいのレコーディングの収録だったんですけど、20分くらいに感じるくらい、たくさんたくさん吸収することがあったし、あっという間に感じました。みなさんの「今いいね」とか「今のよかったよ」というその一言が自分の自信、手ごたえになっていました。

――ファンのみなさんへのコメントをお願いします。
いつも応援してくださっている皆さん、Youtube(本田姉妹やで)では、ゲラゲラすごくハイテンションな私ですけれども、今日は真面目だったんじゃないでしょうか(笑)。 皆さんの人生の1ページに、この「サクラクライ」という曲があることを願っています。聞いてくださった方がキュンってなるような歌を作りました。とても自信をもってお届けできる曲です。YouTubeだけではなくて、テレビでも「サクラクライ」を歌っている私が 、いつか皆さんにお会いできるように、もっと頑張るので、私の曲もぜひ愛してください! よろしくお願いします! バイバイ!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ