プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ヨルシカsuis、井上陽水の名曲「少年時代」カバー 『あの夏のルカ』日本版エンドソング

ディズニー&ピクサー映画『あの夏のルカ』6月18日(金)よりディズニープラスで独占配信開始 (C) 2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.の画像

ディズニー&ピクサー映画『あの夏のルカ』6月18日(金)よりディズニープラスで独占配信開始 (C) 2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 シンガーソングライター・井上陽水の“夏を代表する”名曲を、トクマルシューゴがアレンジを加え、10代を中心に絶大な人気を誇る気鋭ユニット「ヨルシカ」のボーカルsuis(スイ)が歌って新たに生まれ変わった「少年時代」が、ディズニー&ピクサーの新作映画『あの夏のルカ』(6月18日よりディズニープラスで独占配信開始)の日本版エンドソングに決定した。「少年時代(あの夏のルカver.)」の音源を使用した特別映像も解禁された。

【動画】suisが歌う『あの夏のルカ』日本版エンドソング

 本作は、海の中の“シー・モンスターの世界”と北イタリアの美しい港町ポルトロッソを舞台に描く、ひと夏の物語。“シー・モンスター”の少年ルカは、絶対に行ってはいけないと禁じられている人間の世界への憧れを抑えきれず、親友のアルベルトと共に海の世界を後にする。身体が乾くと人間の姿になるという性質を持つ“シー・モンスター”の彼らは、この“秘密”を人間に知られる恐怖を抱きながらも、目の前に広がる新しい世界に魅了されていく。やがて、ルカとアルベルトの無邪気な冒険は海と陸とに分断されてきた2つの世界を巻き込む“大事件”と“奇跡”を起こす。

 そんな本作の日本版エンドソングとして白羽の矢が立ったのは、幼い頃の夏の思い出を思い出すような井上陽水の名曲「少年時代」(1990年/作詞:井上陽水、作曲:井上陽水、平井夏美)。

 歌唱はヨルシカのsuis。今回が初の単独名義での参加となる。ピクサー最新作の日本版エンドソングを担当することが決まった時の心境を「とても光栄に思うと同時に、子どもの頃のようなわくわくを感じ、『今年の夏休みは去年とは違うことをしよう!』と浮足立つ小学生のような気持ちでした」と語り、新しい挑戦をすることに喜びを見せた。

 また、音楽界のレジェンド・井上陽水の楽曲について、「少年時代の歌詞では特に『私の心は夏模様』のフレーズが大好きです。心は時に夏模様になるものではありますが、この一言で一気に夏に手を引っ張られてしまいます。(実際に歌ってみて)アレンジの没入感にも助けられて、少年たちの世界へとトリップできた気がします」と明かしている。

 そのアレンジを担当したのは、作詞・作曲、演奏、アレンジ、レコーディング、ミキシングまで一人で手掛ける天才音楽家として世界で活躍するトクマルシューゴ。日本好きのエンリコ・カサローザ監督の熱烈なオファーもあり、ミュージックプロデューサーとして参加した。

 「少年時代<あの夏のルカver.>」音源のお披露目となる特別映像は、ルカとアルベルトのひと夏の冒険の日々が描かれ、人生で一回しかない“その夏”のきらめきに心が踊ると同時に、夏の終わりも想像させて切なくなる味わい深い映像になっている。

 映像には、エンリコ・カサローザ監督のコメントも付いており、「少年時代<あの夏のルカver.>」について、「この曲は、(『あの夏のルカ』のように)あの夏の日へのノスタルジアを呼び起こしてくれるので、とても気に入っている曲なんです。suisの声はとても美しく、透明感のある声で感情を伝えてくれています」と大絶賛。また、今回のアレンジについても、「私の大好きな日本のアーティストのシューゴトクマルが、美しく、何事にも束縛されないような自由な雰囲気のアレンジを与えてくれました」と満足げに語っている。

 suisは、この作品を観る人、この曲を聴くすべての人に「夏というものは、多くの人に平等に降り注ぎます。ルカたちの夏、それから皆さまそれぞれの夏を感じていただけたらうれしいです」と、メッセージを送った。「少年時代(あの夏のルカver.)」 Performed by suis from ヨルシカのデジタル・シングルはユニバーサルミュージックより2日に配信開始となる。

■エンリコ・カサローザ監督(コメント全文)
 この曲を聴いて、本当に感動しています。「少年時代」のカバーなのですが、ふたりのとても素晴らしい音楽アーティストのコラボなんです。ひとりは私の大好きな日本のアーティスト、シューゴトクマルで、この曲に美しく、何事にも束縛されないような自由な雰囲気のアレンジを与えてくれました。歌を歌ってくれているのはsuis といって、ヨルシカのボーカル。とても美しく、透明感のある声で感情を伝えてくれています。

 この曲は、あの夏の日へのノスタルジアを呼び起こしてくれるので、私もとても気に入っている曲なんです。この曲には時代を超えた、本質的なものがあると感じています。1950年代、60年代のイタリアを描いた『あの夏のルカ』によく似合っています。子どもの頃の夏の日へのノスタルジアを感じさせてくれます。日本のファンの皆さんも、この映画と、新しいアレンジでお贈りする「少年時代(あの夏のルカver.)」とともに楽しんでください。皆さんとこの夏の日々を過ごせることを楽しみにしています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ