プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

山里亮太&若林正恭『たりないふたり』解散 笑いと涙の漫才で12年の歴史に幕【ネタバレなし】

オンライン生配信ライブ『明日のたりないふたり』(C)「明日のたりないふたり」製作委員会の画像

オンライン生配信ライブ『明日のたりないふたり』(C)「明日のたりないふたり」製作委員会

 南海キャンディーズ・山里亮太とオードリー・若林正恭による「たりないふたり」が、5月31日に東京・下北沢で行われた配信ライブ『明日のたりないふたり』をもって、解散した。2009年にお笑いライブ『潜在異色』で生まれ、2012年『たりないふたり』、14年『もっとたりないふたり』と日本テレビ系深夜番組で漫才を披露してきた2人が、12年におよぶコンビ活動に終止符を打った。

【写真】すべてはここから…9年前の『たりないふたり』カット

 『潜在異色』のスピンオフ企画で始まった「たりないふたり」。人見知りで社交性・恋愛・社会性の“たりない”ふたりが、毎回さまざまなテーマを元に各々のたりない部分を暴露しあいながら、最後はそれらの恥部をすべて漫才に落とし込み披露していた。

 14年8月に開催した番組ライブ『たりふた SUMMER JAM ’14 ―山里関節祭り―』以来、活動を休止していた2人だったが、19年の山里の結婚を受けて、同年11月に1日限りでライブイベント『さよなら たりないふたり~みなとみらいであいましょう~』を開催。当初予定されていた舞台上での打ち合わせを若林がすっ飛ばし、約80分と20分、2本の即興漫才で会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

 昨年4月からは『たりないふたり2020~春夏秋冬~』と題して、季節ごとに特番を放送。「冬」に新作漫才を披露することを目標に、春・夏・秋と放送してきたが、秋に亀裂が発生。3月のライブが決定したものの、2人が互いにパーソナリティーを務める、ラジオ番組(『水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論』『オードリーのオールナイトニッポン』)を巻き込み場外乱闘までぼっ発した。

 そんな中、5月31日、2人が2009年に初めてユニットを組みライブを開催した聖地・下北沢に立った。オンライン生配信ライブのため、会場には観客はおらず、2人だけの空間で漫才を行うことになった。番組を立ち上げ、現在は編成部に所属する安島隆氏による、開演前の注意ツイートが放映された後、ついにライブが幕を開けた。過去の映像が流れる中、SNS上では「なつかしい」「もう泣きそう」などの声があふれた。

 視聴者の思いも高まってきた中、センターマイクに立った2人。冒頭から、かけあいは熱を帯び、じわじわと攻めていく若林に対して、山里のワードセンス光るツッコミも絶好調。お互いの“生き様”を見せる『たりないふたり』らしく、最後の漫才で、これまでの歴史をたどりながら、思いの丈をあますことなくぶつけていった。それぞれのすべてを漫才に込めた、笑いと感動の2時間となった。

 ライブの模様は、6月8日まで見逃し配信が行われている。

■『明日のたりないふたり』
公式ホームページ:https://www.ntv.co.jp/tarinai/
配信日時:5月31日 午後6時30分(見逃し配信は6月8日まで)
チケット:一般視聴チケット 3000円(GOTOイベント適用 2400円)(6月8日午後7時まで販売)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ