プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

のん、久々の主演作で主演女優賞「充実感を久しぶりに味わうことができた」

『私をくいとめて』で『第30回日本映画批評家大賞』主演女優賞を受賞したのん (C)ORICON NewS inc.の画像

『私をくいとめて』で『第30回日本映画批評家大賞』主演女優賞を受賞したのん (C)ORICON NewS inc.

 女優・のん(27)が、映画批評家らが優れた人材や作品を表彰する『第30回日本映画批評家大賞』で主演女優賞を受賞し、5月31日、都内で行われた授賞式に出席。久しぶりの実写映画主演作での受賞に感慨を語った。

【動画】のん「私をくいとめて」主演女優賞受賞 『第30回日本映画批評家大賞』

 原作は『蹴りたい背中』で芥川賞を受賞した綿矢りさ氏の同名小説。のんが演じるみつ子は、独身生活が板についてきた31歳のおひとりさま。彼女がひとりでも楽しく生活できる理由は、脳内に相談役「A」がいること。何かに迷ったとき「A」はいつも正しい答えを導き出す。独身生活が続くと思っていたある日、みつ子は、年下営業マン・多田くん(林遣都)に恋をしてしまう。両思いだと信じて、ひとりの生活に慣れたみつ子は、20代のころのように勇敢になれない自分に戸惑いながら、一歩前へ踏み出していく。

 受賞のスピーチでのんは「心からうれしく思います」としみじみ。同作で大九明子監督が監督賞も受賞したことについて「やったという気持ちでした」とにっこりと語り、スタッフや全国にいる“みつ子さん”と“みつ夫さん”に感謝した。

 そして「私ごとではあるのですが実写映画の主演は数年ぶりに務めさせていただきました。主演のいいところはたくさん出番があって、ずーっと演技をしていられる。それが幸せなところ。その充実感を久しぶりに味わうことができました。みつ子に選んでくれた大九監督に感謝の気持ちでいっぱいです」と感慨を語っていた。

 最後は「これからも、皆さん楽しんでいただけるような演技ができるように精進してまいります。映画という娯楽は人間にとって必要必須なもの。私も、これからも、その道を頑張って行きたいと思います」と宣言していた。

■第30回日本映画批評家大賞
作品賞:『星の子』
監督賞:大九明子監督(『私をくいとめて』)
主演男優賞:中村梅雀、津田寛治(ともに『山中静夫の尊厳死』)
主演女優賞:のん(『私をくいとめて』)
助演男優賞:宇野祥平(『罪の声』)
助演女優賞:浅田美代子(『朝が来る』)
新人女優賞(小森和子賞):服部樹咲(『ミッドナイトスワン』)、佳山明(『37 セカンズ』)、吉本実憂(『瞽女 GOZE』)
新人男優賞(南俊子賞):奥平大兼(『MOTHER マザー』)、宮沢氷魚(『his』)
新人監督賞:内山拓也(『佐々木、イン、マイマイン』)、HIKARI(『37セカンズ』)、佐藤快麿(泣く子はいねぇが)
ゴールデングローリー賞(水野晴郎賞):火野正平
ゴールデングローリー賞(水野晴郎賞):田中裕子
ダイヤモンド大賞(淀川長治賞):大林宣彦
ドキュメンタリー賞:『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』
編集賞(浦岡敬一賞):李英美(『スパイの妻〈劇場版〉』
特別賞(松永武賞):新文芸坐
国際審査員特別賞:チェ・ブラム
脚本賞:天野千尋『ミセス・ノイズィ』
脚本賞:入江裕(『AI崩壊』)
映画音楽賞:渋谷慶一郎(『ミッドナイトスワン』)
アニメーション作品賞:『劇場版 ごん -GON,THE LITTLE FOX-』

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ