プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

植田圭輔、荒牧慶彦のリアル暴露「もうちょっと言葉覚えて」

(左から)荒牧慶彦、植田圭輔 (C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)荒牧慶彦、植田圭輔 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の荒牧慶彦、植田圭輔が5月31日、都内で開催されたMBS/TBSドラマイズム枠の新ドラマ『REAL⇔FAKE 2nd Stage』1話先行試写会・完成披露トークイベントに登壇した。

【写真】植田圭輔が荒牧慶彦に「言いたい!」ことを暴露

 作品名にちなみ、「この際だから言っておきたいREALな本音」と称してメンバーのリアルを伝えるトークコーナーを実施。植田は荒牧に対し、「言葉をちょっと覚えて」と言い間違いが多いというエピソードを暴露。植田が「ジェネレーションギャップをジェネレーションガップって覚えていたんですよ(笑)」と説明すると、ほかのメンバーからも「荒牧は天然」という声が上がった。

 その後、休みなく働く自身について荒牧は「サメみたいに動いてないと死んじゃうんです」と発言すると、ほかのメンバーからは「それマグロじゃない?(笑)」と指摘される、天然っぷりで、会場を笑いに包んでいた。

 同作は、2019年9月に放送した『REAL⇔FAKE』の続編。『REAL⇔FAKE』は、天使の歌声をもつ歌姫・朱音(蒼井翔太)が突然失踪するところから物語がスタートする。ミステリー要素と共にメンバーたちの個性あふれるやり取りも楽しめる新感覚のドラマとして話題を集めた。その続編である本作品では、引き続き荒牧、植田、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成、染谷俊之、蒼井翔太の7人が続投するとともに、新たなライバルユニットとして登場。「ASTRA RING(アストラリング)」のキャストとして猪野広樹、笹森裕貴も参戦する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ