プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

美 少年・浮所飛貴、渾身の胸きゅん川柳が高評価 頭文字に“ひ・だ・か”のこだわり

渾身の胸きゅん川柳を披露した美 少年・浮所飛貴 (C)ORICON NewS inc.の画像

渾身の胸きゅん川柳を披露した美 少年・浮所飛貴 (C)ORICON NewS inc.

 ジャニーズJr.の人気グループ・美 少年の浮所飛貴が、5月31日に都内で行われた映画『胸が鳴るのは君のせい』(6月4日公開)公開直前イベントに登壇した。イベントでは『ドキドキ!胸きゅん川柳!』として、浮所が考えた川柳を発表。全日本川柳協会副理事長から“大変良くできました”と評価をもらい、「やったー!」と両手を掲げて大喜び。「川柳と言ったら浮所です。ちょっとこれはやめましょう…」とおどけつつも「でも川柳は自信あるかもしれないです」とご満悦だった。

【写真】7番チャレンジに挑戦!”箱の中身当て”を行う浮所飛貴

 『公開直前!“胸が鳴る”7番チャレンジ!』と題した今回、このほかにも『目指せ全問正解!ドキドキ胸きみクイズ!』『一番“胸が鳴る”席はどこだ!ホール貸切座席調査』『一触即発!?ロシアンルーレット!』『ジャストを狙え!10秒ピッタリチャレンジ!』『究極のドキドキ!? 箱の中身当てチャレンジ!』『ドキドキが止まらない!“胸鳴り心拍数チャレンジ』に挑戦した。

 その中の一つ、川柳コーナーで披露したのは『ひめた恋 だいすきだよと かねが鳴る』と映画のタイトルや内容にかけたもの。「練って練って考えた最高傑作です。めちゃくちゃ時間かかりすぎて、マネージャーさんから催促のメールが3件届いた」というほどの自信作。そして手で頭文字以外を隠すと「頭文字に注目してほしい。ひ・だ・か…僕の下の名前はひだかなんです。それと『胸きみ』をかけて。『かねが鳴る』はゴールインみたいな感じ。あえてひらがなで頭はいかせてもらってます」と解説した。

 7つのチャレンジではその達成度に応じて、ファンへのプレゼントの個数を決定。川柳コーナーでは、プロの3段階評価で『大変良くできました』で10人、『良くできました』で5人、『頑張りましょう』で3人と、その人数が変更される。評価するのが『全日本川柳協会副理事長』と聞くと「こんな“ひだか”とはふざけている場合じゃなかった。でも自信はあるので…」と冷や汗をかきつつも、胸を張った。

 司会が講評を代読すると「頭文字が“ひだか”になる、一つの文章や句に別の意味を織り込む、あいうえお作文のような川柳を折り句といいます。評価は折り句として大変良くできました、です。恋愛をテーマにした映画にふさわしい一作。『かねが鳴る』がすばらしい。ただ、惜しい点、表記を漢字に直してもらいたかった」とアドバイスも。「漢字の方がよかったってこと? 先に言ってくださいよ! わかりやすく、ひらがなにしたものの漢字のほうがよかったんですね」と受け止め、「でも『大変良くできました』はすごくうれしいです。よかった~!」と笑顔が弾けた。

 今作は作は漫画家・紺野りさ氏による、累計発行部数250万部突破した人気コミックス(小学館『ベツコミ フラワーコミックス』刊)を実写化。クールな転校生・有馬隼人(浮所)と、彼を一途に想い続けるヒロイン・篠原つかさ(白石聖)による親友のように仲が良い友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ