プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

インド映画の“スーパースター”ラジニカーント、70歳で超絶アクション

インド映画界のスーパースター、ラジニカーント主演、『ダルバール 復讐人』7月16日より2週間限定公開の画像

インド映画界のスーパースター、ラジニカーント主演、『ダルバール 復讐人』7月16日より2週間限定公開

 『ムトゥ 踊るマハラジャ』、『ロボット』シリーズ等で知られる、インド映画界のスーパースター、ラジニカーントが最愛の娘を奪われ、復讐の鬼と化するアクション超大作『Darbar(原題)』が、『ダルバール 復讐人』の邦題で7月16日より新宿ピカデリー(東京)ほかで2週間限定公開されることが決定した(配給:ツイン)。「ダルバール」は、「裁判」という意味。怒れる父の復讐の裁きがいま、下される。

【動画】インド映画『ダルバール 復讐人』日本版予告

 娘を誘拐された元秘密工作員の父親が、犯人グループを完膚なきまでに叩きのめす『96時間』。犬を殺された元殺し屋の男が、凄まじいまでの復讐を繰り広げる「ジョン・ウィック」シリーズ。世界には多数の名作復讐劇が存在するが、ラジニカーントがこの“復讐シリーズ”に加わる時が来た。

 本作でラジニカーントは、犯罪者を確実に逮捕する敏腕警察官でありながら、年頃の娘を溺愛している父親を演じ、本作が27年ぶりの警察官役を熱演。悪人相手に一対多勢の超絶アクションを繰り広げる姿は、御年70歳とは思えず、時間の経過を微塵も感じさせない、まさに永遠のスーパースターだ。

 監督は、『サルカール 1票の革命』(18年)などのタミル語映画界のヒットメーカー、A.R. ムルカダースが務める。共演は、『チャンドラムキ/踊る! アメリカ帰りのゴーストバスター』(2005年)でラジニカーントとも共演したナヤン・ターラ、注目の若手女優ニヴェーダ・トーマスなど。

 解禁された本作のポスタービジュアルでは、市民の安全と治安を守る正義感の強い警察官だったはずの男ラジニカーントが、一変して悪人に情け容赦のない復讐人へと変わってしまった様子を表現。警察官の制服で映っているものの、長剣を持ち彼の背後には無数の死体が…。彼なりの正義によって“裁かれた”者たちの姿は、まさに地獄絵図だ。

 予告編では、ラジニカーントが繰り広げる超絶アクションと、カーチェイス、軽快なダンスが見もの。銃撃戦のなかに飛び込んでいって敵を倒し、猛スピードで突進してくる車にも怯まない、どこまでも 突き進んでいく姿は圧巻だ。時たま繰り出すブラックなジョークはダークヒーローを彷彿とさせる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ