プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

はじめしゃちょー、お気に入り作品の商品化熱望 文房具アイデアコンテストで審査員務める

サンスター文具『第26回文房具アイデアコンテスト』で審査員を務めたはじめしゃちょーの画像

サンスター文具『第26回文房具アイデアコンテスト』で審査員を務めたはじめしゃちょー

 YouTuberのはじめしゃちょーが30日、オンラインで開催されたサンスター文具『第26回文房具アイデアコンテスト』に出席した。

【画像】ビシッとしたスーツ姿で登場!コンテストの審査員を務めたはじめしゃちょー

 本コンテストはプロ・アマ問わず参加でき、グランプリを取った人には賞金100万円と副賞が贈られる。またコンテストの応募総数は5596点と過去最高の応募数だった。審査員は、はじめしゃちょーのほか、プロダクトデザイナーの安次富隆氏やザリガニワークス、編集者の木原陽子氏が務めた。

 文房具アイデアコンテストの審査員として初めて参加したはじめしゃちょーは「たくさんの応募があり、選ぶのも時間がかかったがたくさんの面白いアイデアに触れて、僕自身も非常に刺激になりました」とコメント。特にお気に入りの作品について「物理の法則をぶっ壊したアイデアの“わすれものふでばこ”です。ペンの中に手を入れたらお家の机においてきてしまった忘れ物をすぐ取れるのが最高です。今すぐ欲しい、早く商品化してください!」とサンスター文具に無茶ぶりして受賞者を笑わせるなど、終始和やかな雰囲気で行われた。

■コンテスト結果
一般部門グランプリ:塚本裕仁さん「手触りで判別できるノート」
ジュニア部門グランプリ:伊藤舞唯さん「しまったー君」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ