プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

羽田美智子、極寒衣装でクランクイン ドラマ『#コールドゲーム』レポート

オトナの土ドラ『#コールドゲーム』(C)東海テレビの画像

オトナの土ドラ『#コールドゲーム』(C)東海テレビ

 女優の羽田美智子が主演を務める東海テレビ・フジテレビ系オトナの土ドラ『#コールドゲーム』(毎週土曜 後11:40)が、6月5日よりスタート。初回放送を前に、クランクインの様子を伝える。

【全身ショット】水色の清楚なワンピース姿で登場した羽田美智子

 氷河期に突入した地球を舞台に、天才詐欺師・木村祥子(羽田)が偽装家族“木村家”を組んでたくましく生き抜く姿を描く、マイナス45度の氷河期サバイバルストーリー。長男役の大輝(結木滉星)、長女役の陽菜(久間田琳加)、父親役の隆(やす)、そんな木村家が潜む避難所第七支部を運営する支部長・如月(中村俊介)が織りなす、生きる力をさまざまな角度で問い直す内容となっている。

 撮影が始まったのは3月上旬のこと。ロケ地は自然に囲まれたのどかな雰囲気の学校で、春がそこまでといったポカポカ陽気が気持ちいい。しかし、ドラマの舞台は氷河期の世界。ダウンジャケットや厚手の服を着込んで、木村家のメンバーは真冬の衣装で現れた。スタッフの拍手が起こる中、羽田が「よろしくお願いします」と柔らかな笑顔であいさつすると、大輝役の結木、陽菜役の久間田、隆役のやすもスタッフに紹介され「よろしくお願いします」と呼びかけた。

 撮影は、家族対抗障害物競争で1位になった木村家が、景品のカップラーメンをがっつくというシーン(第1話)から始まった。「あ~、おいしい。生きててよかった!」とズルズルとラーメンをすする羽田や「あったけー」とやす。そんな中、春の陽気でなかなかラーメンの湯気が出ずに焦るスタッフ。その後も撮影は続き、亀裂が入った窓ガラスを見て、「やっべー、やっべーよ、これ!」と、今まであまりイメージがない、荒っぽいセリフを話す羽田の姿を見て、テストではスタッフの笑いが起こった。

 数日後、避難所第七支部の支部長で元国会議員、如月雄一郎役の中村俊介がクランクイン。避難所の主婦にキャーキャーと言われる人気者の設定に「如月様のお通りです!」とスタッフも場を盛り上げる。『隕石家族』で共演している羽田は「どうしたの、ここは寒いんだよ~(笑)」とスーツにコート姿で決めた中村にツッコミながらも、笑顔であいさつを交わした。その後、劇中で使用するポスターの撮影をしていた中村は「どんな表情にしますか?」とスタッフと相談。“さわやか風”の表情で撮影を進めていた。

 終始現場でニコニコと元気に振る舞い、さりげなくキャストに話しかけるなど親睦を深める羽田の姿に、座長としての気遣いの温かさを感じる場面も。休憩時間、福山良子役・椿鬼奴と楽しそうに話していた姿も、避難所で支え合うご近所さんの雰囲気そのものだった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ