プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

吉永小百合登壇、映画『いのちの停車場』6月1日に舞台あいさつ決定 東京都の休業要請緩和受け

映画『いのちの停車場』主演の吉永小百合が登壇する舞台あいさつ決定(C)ORICON NewS inc.の画像

映画『いのちの停車場』主演の吉永小百合が登壇する舞台あいさつ決定(C)ORICON NewS inc.

 緊急事態宣言延長の中、東京都内の映画館の休業要請が緩和されることを受け、女優の吉永小百合がいち早く動いた。自身が主演する映画『いのちの停車場』の上映劇場で6月1日、観客の前で舞台あいさつを実施することが決定した。

【動画】映画『いのちの停車場』まほろばメイキング映像

 舞台あいさつを行うのは東京・丸の内TOEIで、午後1時15分から回の上映後。登壇者は、吉永のほか、広瀬すず、田中泯、成島出監督の予定。詳細は追って映画公式ホームページに掲載する。

 来月1日から20日まで再延長される緊急事態宣言のもとで映画館は、これまでの休業要請から午後9時までの時短要請となった(人数は5000人以下、かつ、定員の50%以内という条件付き)。

 同映画は、5月21日に公開され、初週末の興行収入・動員数で初登場1位を獲得。吉永をはじめ、松坂桃李、広瀬、そして西田敏行らが出演する本作は、「在宅医療」に携わる医者・患者、家族たちを通して、“いのち”、“愛”、そして“いまを生きていく”、家族たちの願いを丁寧に描き出す、感動のヒューマン医療ドラマ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ