プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

峯岸みなみ、卒業後「手つなぎデートしたい」 秋元康氏への反抗期も告白

AKB48劇場での卒業公演後、壁掛け写真を外した峯岸みなみ(C)AKB48の画像

AKB48劇場での卒業公演後、壁掛け写真を外した峯岸みなみ(C)AKB48

 アイドルグループ・AKB48の最後の1期生・峯岸みなみ(28)が28日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行い、2005年12月8日から歴代メンバー最長の15年5ヶ月、5651日在籍したグループの活動に幕を下ろした。公演後、報道陣の取材に応じた峯岸は、自身へ手紙を寄せた秋元康総合プロデューサーへの思いを吐露。さらに、卒業後、一番やりたいことは「手つなぎデート」と茶目っ気たっぷりに語った。以下、一問一答。

【卒コン写真79点】たかみな、こじはる、優子、ともちん、麻里子さまも…神7続々登場

--卒業公演を終えて。

(22日にぴあアリーナMMで行われた)卒業コンサートですごく体力も気力も全部使っちゃって、卒業公演はどんなふうになるのかな、意外とあっけらかんとしてるのかなと思ったんですけど、やっぱり劇場公演は立ってみると本当に特別で、唯一無二の場所。コンサートで完全燃焼したつもりではあったんですけど、やっぱり寂しくて泣けてきました。

――改めてAKB48劇場はどんな場所?

本当に夢の始まりの場所。当時「この劇場を一人の力でいっぱいできたら、卒業の時期だったりするんだよ」と、漠然とそういう話を聞いたんですけど、(1期生が)20人いてもお客さんが1桁だったりしたので、そんな日はこないだろうと思っていたし、すごく夢物語のような気持ちで聞いていました。実際にきょうこうやって私を見届けようと、(コロナ禍で)この劇場がいっぱいとは言えませんでしたけど、たくさんの人に集まってもらえて、あのときの夢が現実になったような、夢ってかなうんだなって、そういうふうに思わせてくれた場所でした。

――秋元康総合プロデューサーから手紙をもらって。

お母さんか秋元さんなのかなって思ったんですけど、まさか本当に秋元先生とは思わなくて。ステージ上でも言ったんですけど、中学生、高校生くらいのときはよく、秋元先生にお会いする機会もあったし、声をたくさんかけていただいたり、自分から質問したりとかという機会も多かったんですけど、途中でグレたり、反抗期だったりで、秋元先生となかなかコミュニケーションを取れない時間もあったんです。それでもやっぱり、こうして見ていてくれていたんだなと思うと、今なら素直にいろいろと話せそうな気がして、今こそ、秋元先生とお酒を飲みたいなって思います。

--どんな話をしたい?

AKB48の始まりの話ってあんまり聞いたことがなくて、どういう気持ちで作ったのかとか、これからどんなふうになっていってほしいのかとか、当事者だとなかなか聞きづらかったことも、これからいろいろ話せたら楽しいだろうなと思います。思い出話もしながら。

――卒業コンサートの後で解禁する予定だったお酒はまだ飲んでいない?

そうなんですよ。当日に飲もうと思ったんですけど疲れちゃって飲めなくて。きょうも多分疲れているので、明日あたり考えてみます。

――劇場公演で卒業を実感した?

まだ、ここに立たなくなるんだという実感が沸いてきてないんですけど、劇場の景色がずっと変わらないので、コンサートとは違った感動があって。中学生の自分が見た景色と、目に映るものは同じなのに、環境が全然変わっていて、そういうところに感慨深さを感じます。まだ、ここに来なくなるのは信じられない気持ちです。

--卒業して一番やりたいことは?

手つなぎデート! そういうのじゃなかった? でもやってみたいです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ