プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

劇団ひとり、マルチすぎるザック監督に驚き「この人こそ劇団ひとりを名乗るべき!」

マルチすぎるザック監督を絶賛した劇団ひとり(C)ORICON NewS inc.の画像

マルチすぎるザック監督を絶賛した劇団ひとり(C)ORICON NewS inc.

 お笑いタレントの劇団ひとり、タレントの長濱ねるが28日、都内で行われたNetflixの映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』(配信中)の“愛しのゾンビ映画”ファンイベントに参加。監督・脚本・製作を務めるザック・スナイダー氏にひとりは“自身の名前”を贈る最大級の賛辞を送った。

【写真】オンラインでイベントに参加したザック・スナイダー監督

 オンラインでイベントに参加したザック監督は撮影も自身で行ったことを明かし「もともと広告系の監督をしていて、その時は自分でカメラマンも務めていた。映画を始めたらやらせてもらえなかった。この作品で、ようやく、それがかなって楽しかった」としみじみ。ただ「カメラのオペレーションをやりつつ、照明も作りつつ、監督もしつつ、脚本も執筆したので、やることは多かったです」とジョークを飛ばした。

 ひとりは「えぇ!」と目を丸くすると「スゴいな。カメラも自分で担いだんですか? この人こそ劇団ひとりを名乗るべき!」と大絶賛。ザック監督は「大変だったんですけど、ここ数本は大作を扱ってきた。大きなスタジオやグリーンバックを使ったり、スーパーな技術を求められて、映画作りのプロセスの基本的なところに立ち戻りたいという気持ちがあったんです。映画作りを体から体験したかった」と本作に込めた思いを口にしていた。

 『アーミー・オブ・ザ・デッド』は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のドラックス役で知られるデイヴ・バウティスタ、真田広之らが出演し、巨大金庫に眠る大金を狙い、ゾンビが暴れ狂うラスベガスで傭兵集団が《史上最大の強盗》に挑む物語。クセ者ぞろいの傭兵集団と、組織化された進化型ゾンビとの、“究極の一攫千金”を巡る壮絶なドラマが描かれる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ