プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

劇団ひとり、密室で1人ゾンビ願望「生き残る方がつらい」 有村昆代役で映画トーク?

“ゾンビ映画愛”を語った劇団ひとり(C)ORICON NewS inc.の画像

“ゾンビ映画愛”を語った劇団ひとり(C)ORICON NewS inc.

 お笑いタレントの劇団ひとり、タレントの長濱ねるが28日、都内で行われたNetflixの映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』(配信中)の“愛しのゾンビ映画”ファンイベントに参加した。

【全身ショット】長濱ねるは真っ赤なレースワンピで登場

 ひとりは登場するなり「ゾンビ作品が非常に好き。でも、たぶん有村昆さんの代わりに呼ばれたと思ってる(笑)。ゾンビ愛を有村昆さんの代わりに言っていきたい」とリップ・サービスをして笑わせた。また、イベントは午前10時にスタートしたが「ゾンビ映画ですから、ちょっと早いですよね。朝10時からやる内容じゃない」とボヤいていた。

 ゾンビ映画についてもトーク。「1番の魅力は、自分だったらどうするかを考えさせてくれる。ちゃんと考えていくと『俺は主役みたいな行動はできないな』とか『俺は序盤に殺される役だろうな』とか自分を掘り下げてくれる」と熱弁をふるった。

 そして「“ゾンビの世界になったら”をちゃんとシュミレーションした」という。「逃げるのは怖いから早めにゾンビになっちゃう。でも、噛まれるのは嫌。だから自分で安全ピンかなにかで刺して、そこにゾンビの血をぬる。その後に人間に殺されるのも嫌。だから密室にこもってゾンビ化する。っていう人間なのかな」と語った。「映画見てると主人公たちを応援するけど、結局ほとんど死ぬ。生き残る方がつらい。どうせ死ぬなら早めに死んじゃったヤツのが幸せだったんじゃないかな」とリアルな世界をイメージし、長濱も賛同していた。

 『アーミー・オブ・ザ・デッド』は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のドラックス役で知られるデイヴ・バウティスタ、真田広之らが出演し、巨大金庫に眠る大金を狙い、ゾンビが暴れ狂うラスベガスで傭兵集団が《史上最大の強盗》に挑む物語。クセ者ぞろいの傭兵集団と、組織化された進化型ゾンビとの、“究極の一攫千金”を巡る壮絶なドラマが描かれる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ