プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『アウシュヴィッツ・レポート』予告編&場面写真解禁

映画『アウシュヴィッツ・レポート』(7月30日より全国で順次公開)の画像

映画『アウシュヴィッツ・レポート』(7月30日より全国で順次公開)

 1944年4月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所を脱走した2人の若いスロバキア系ユダヤ人のレポートによって、12万人のユダヤ人の命が救われた実話を映画化した『アウシュヴィッツ・レポート』(7月30日より全国で順次公開)の予告編と場面写真2点が解禁された。

【動画】映画『アウシュヴィッツ・レポート』予告編

 本作は、スロバキア人のペテル・ベブヤクが監督を務め、『第93回アカデミー賞』国際長編映画賞スロバキア代表作品に選出された。脱走する2人のスロバキア人は、『オフィーリア 奪われた王国』のノエル・ツツォル、新人のペテル・オンドレイチカが熱演。二人を救済する赤十字職員には『ハムナプトラ』シリーズのジョン・ハナーが好演している。

 予告編では、 収監された多くのユダヤ人たちは「最初の任務は名前を忘れること。諸君は帝国に仕えるのだ」と 命じられ 囚人番号がつけられるシーンがあり、日々過酷な労働を強いられ殺害される人々の遺体記録係をしているスロバキア人のアルフレートが、残虐の証拠を持ち出し、有力者に届けるため脱走を企て、実行する様子を断片的に見ることができる。

 協力した同じ収容棟の仲間 は「正直に話せば全員宿舎に戻れるんだぞ」と執拗に拷問されるが…。ホロコーストの真実を世界に伝えるため国境を目指すアルフレートたち。奇跡的に救出された2人は、赤十字職員にアウシュヴィッツの実態を告白し、レポートとして提出する。予告編の最後には“過去を忘れる者は、必ず同じ過ちを繰り返す(アメリカの哲学者/ジョージ・サンタヤナ)”の言葉と共に、知られざる真実に向き合うアルフレートのまっすぐな眼が印象的な映像となっている。

(C)D.N.A., s.r.o., Evolution Films, s.r.o., Ostlicht Filmproduktion GmbH, Rozhlas a televizia Slovenska, Ceska televise 2021

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ