プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

多様化する“子どもの趣味”、児童書は滅びゆく運命なのか? 「ビジュアル先行の時代だからこそ“文字で描かれる物語”を」

『坊ちゃん』カバーの画像

『坊ちゃん』カバー

 近年、『鬼滅の刃』や『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』など、子どもたちのなかで読まれた漫画や児童書からヒットが生まれ、子ども向け作品の存在感が増している。そのようななか、『ズッコケ三人組』や『かいけつゾロリ』シリーズなど長年にわたって読み継がれる児童文学を生み出してきたポプラ社が、今年3月に新たな児童文庫レーベル「キミノベル」を創刊。創刊の背景にある児童書をめぐる状況の変化について、同編集長・門田奈穂子氏、編集担当・後藤正夫氏に聞いた。

【画像】「マイルドな“笑ゥせぇるすまん”」、不気味さにハマる大人続出の『銭天堂』とは

■“ダークさ”は流行コンテンツの鉄板、「わかりやすい魅力から、複層的な面白さへ誘いたい」
 
 ポプラ社では「ポプラ社文庫」(1976年)に始まり、「ポプラ社ポケット文庫」(2005年)と時代に合わせて児童文庫レーベルを刷新してきた。3度目のリニューアルとなる「キミノベル」創刊の背景について門田氏は、子どもたちに受け入れられるコンテンツの傾向に変化があることを説明する。

「娯楽の多様化で、子どもたちに向けて『何が売れるか』はなかなか読みにくい時代となっています。ただ現代は情報にあふれているせいか、子どもたちもスピード感重視といいますか、『怖い』『泣ける』『笑える』など直情的に面白さが判断できるコンテンツを選ぶ傾向にあるようです。」(門田氏)

 近年、子どもたちの間で流行したコンテンツと言えば『鬼滅の刃』や『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』など、暗めで「怖い」世界観の物語が目立った。しかし門田氏によると「ダークファンタジーは子どもたちを魅了する普遍の鉄板ジャンル」とのことで、これらのヒットも頷けるところがあるという。たしかに、江戸川乱歩の『少年探偵団』シリーズを夢中になって読んだという人も多いはずだ。

「キミノベルでは、入り口をわかりやすくして、まずは『読みたい』という気持ちを喚起することを大事にしています。一方で、物語の魅力は決してわかりやすい一言では語れないものです。複層的な面白さを経験し、本の魅力を知ってほしいですね」(門田氏)

 
 夏目漱石の『坊ちゃん』など古典名作はもちろん、映画『E.T.』のノベライズといった新たな“名作”の発掘にも取り組む「キミノベル」。『星の王子さま』では、漫画『大家さんと僕』でも知られるカラテカ・矢部太郎が、表紙や挿絵を描き下ろすなど、難しいと敬遠されがちな名作の魅力を伝えるためにもビジュアルを重視しているという。

「児童書において”ジャケ買い”の要素は近年ますます強くなっていますね。パッと見のイラストやカバーデザインの魅力で、古典名作を読むハードルを下げるのも児童文庫の役割です。また現代の子どもたちはすぐに面白い要素にたどり着けないと、その本を読むのをやめてしまう傾向があるため、特に名作の担当者たちは『1ページ目をめくった瞬間が勝負』といった構成に工夫を凝らしています」(門田氏)

 『坊ちゃん』では、名シーンや物語のポイントが一目でわかるイラスト入りダイジェストから巻頭が始まる。一方で、本文はほとんど原文のままと硬派な作りを採用。古典文学を子ども向けに読みやすく大幅に変更する出版社も多い中、こうした硬軟織り交ぜた構成について『坊ちゃん』の編集を担当した後藤正夫氏はこのように語る。

「名作の素晴らしさは、物語性はもちろん、その文体にもあります。ぜひそこも味わってもらえたら。ただやはり現代の子どもには馴染みのない表現も多いので、注釈を多めに入れたり、章立てをしたりといった工夫もしています」(後藤氏)

■ビジュアルコンテンツ普及で児童書の役割大きく、「目に見えないものを想像する力を育む」

 近年、圧倒的に普及するコンテンツがある一方で、趣味の多様化によって読書体験を通じての「つながり」が生まれづらくなっている。特に子どもにとっては、TwitterやInstagramのように年齢制限を設けるSNSも多く、デジタル環境もさまざまであることから基本的にSNS上でのつながりを持てないため、コミュニティを見つけづらい状況だ。

「本が好きな子にとって、感想を共有するのも読書の楽しみの1つ。ところが近年は子どもたちの趣味も多様化しています。私は個人的に中高生の読書会のお手伝いをしていますが、『同じ本の感想を語り合える友だちがクラスにいない』という声をたくさん耳にしてきました。」(門田氏)

 こうした背景を元に、子どもに「つながり」や「居場所」の提供するため、公式サイトには本の感想やイラストを投稿できるコミュニティ機能を充実させている。”コミュニティ型レーベル”というコンセプトについて、門田氏は「全国の同じような”読書好きさん”と思いを共有し、読書の輪が広がっていく。キミノベルはそんな居場所のような児童文庫レーベルを目指しています」と述べる。

 漫画やアニメ、動画サイトなど、ビジュアルコンテンツがあふれている現代だからこそ、「文字で描かれる物語を読むことはますます大切になっているはず」と門田氏はキミノベルの果たすべき役割を語った。

「読書は”目に見えないもの”を想像する力を育んでくれます。経験していないことを想像するその力は、見知らぬ誰かの痛みや喜びに共感したり、まだ見ぬ未来への希望を抱いたりとこれからの時代を生きる子どもたちを助けてくれるものとなるはず。それが児童書に取り組んできたポプラ社の使命として、「キミノベル」でも今の子どもたちの『読みたい!』を刺激できるように尽力していきたいですね」(門田氏)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ