プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

さんま、子役・稲垣来泉の歌声を絶賛「大当たりを引いた」

歌声を絶賛された稲垣来泉 (C)ORICON NewS inc.の画像

歌声を絶賛された稲垣来泉 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いタレント・明石家さんま(65)企画・プロデュースの劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』(6月11日公開)の完成報告会が26日、都内で行われ、主題歌「イメージの詩」(26日配信開始)の歌う子役の稲垣来泉(10)が登壇した。

【動画】明石家さんまもデレデレ!?大人コメントで天才子役ぶりを発揮した稲垣来泉

 本作は、漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密がむすぶ感動のハートフルコメディ。『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』(2006年)、『海獣の子供』(19年)の渡辺歩が監督を務め、アニメーション制作をSTUDIO4℃が担当。声優キャストには肉子ちゃん役の大竹しのぶ(63)、キクコ役のCocomi(20)、二宮役の花江夏樹(29)らが参加している。

 “肉子ちゃん人形”を抱えて登場した稲垣は「まだ夢のような気持ちですが、完成報告会に登壇出来てとてもうれしい」と笑顔を見せ、映画の感想を聞かれると、「肉子ちゃんがかわいくてずっと泣きっぱなしだった」と絶賛。途中で、さんまに「長い!」と茶々を入れられたが、「出てくる一人ひとりが色々な思いを持っていて感動しました」と、作品の魅力をしっかりと伝えた。

 「イメージの詩」は、吉田拓郎のデビュー曲で、さんまが「人生の教科書」と言い切る名曲。劇中で描かれる母娘の物語にもマッチした名曲を新たな世代にも伝えたいというさんまの提案から、サウンドプロデュース・GReeeeN、編曲・武部聡志氏でアレンジを加え、稲垣がカバーした。

 稲垣が歌う主題歌は、吉田拓郎がラジオ番組で「一行目を聞いて号泣した」と絶賛するほどで、これには本人も「歌のレッスンをしてもらった回もあるので、とってもうれしい」と大喜び。レコーディングに立ち会ったさんまも「素直で器用でびっくりしています。大当たりを引いてしまった」と太鼓判を押し、劇中で主題歌が流れるシーンを「あそこで泣く人は堪が良い」と評価した。

 稲垣は、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』『スカーレット』に出演歴があり、2019年7月期のカンテレ・フジテレビ系ドラマ『TWO WEEKS』で三浦春馬の娘役で注目を集めるなど、ドラマ・映画・CM出演多数の人気子役で、楽曲歌唱は今回が初となる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ