プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

SUGIZO、ガンダムとの“コラボ演奏”に感激「子ども頃の夢がかなった」

ガンダムと“コラボ演奏”を行ったSUGIZOの画像

ガンダムと“コラボ演奏”を行ったSUGIZO

 バンダイナムコエンターテインメントは26日、東京・バンダイナムコ未来研究所内で、次世代のエンターテインメントを創造・発信する拠点『MIRAIKEN studio』をオープン。記念セレモニーにSUGIZO(LUNA SEA/X JAPAN)、ヒャダイン、金澤朋子(Juice=Juice)らが参加した。

【動画】コラボ演奏に感激!ガンダムへの愛を語るSUGIZO

 バンダイナムコが自社スタジオとして展開する同拠点は、xR技術、リアルタイムモーションキャプチャを完備、巨大で高画質なLEDディスプレイ4面ステージを常設。IPとxR技術・リアルタイムモーションキャプチャ技術を組み合せることによって“まるでゲームやアニメの世界”に入り込んだかのような没入感のある演出を実現する。

 セレモニーではさまざまな機能を体験し、SUGIZOは、xR技術を使用し、宇宙映像やガンダムと融合した映像をバックに“コラボ演奏”を披露。パフォーマンス後に「僕は負けず劣らずのガンダムフェチ。光栄だったし、感無量でした」と白い歯をみせると「子供の頃に夢見ていた未来社会の成果に触れたようで、子どもの頃の夢がかなったような気持ちです」と感激しきりだった。

 生配信イベントのナビゲーターを務めた金澤は、AR技術を駆使して、『アイドルマスター』のキャラクター・天海春香と共演。「本当に『アイドルマスター』が好きな一ファンとして、2次元と3次元を垣根を超えて交流を持てたことが本当に夢のような時間でした。これからも他のキャラクターと交流ができたらうれしいです!」と声を弾ませた。

 同じくナビゲーターを務めたヒャダインは「この技術を教育と結びつけても面白いかも」と提案し「恐竜やジャングルを再現して“恐竜ツアー”みたいな。そうしたら東京に来れない子どもたち、学校に行けない、病院にいるような子どもたちも一緒に、いろんな所を巡れる」と想像を膨らませていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ