プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ディズニー映画『クルエラ』グローバル・コラボアート 清川あさみが日本代表として参加

清川あさみが手掛けた『クルエラ』オリジナルポスターアート(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.の画像

清川あさみが手掛けた『クルエラ』オリジナルポスターアート(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞したエマ・ストーンが主演を務めるディズニー実写映画の新作『クルエラ』の公開を記念し、世界各国でさまざまな女性アーティストがクルエラのオリジナルポスターアートを制作する『クルエラ』グローバル・コラボアート企画が展開。日本代表として参加した、アーティスト・清川あさみによる『クルエラ』オリジナルポスターアートがお披露目された。

【動画】映画『クルエラ』日本版エンドソングMV

 映画は、名作アニメーション『101匹わんちゃん』に登場するディズニー史上最も悪名高き “ヴィラン”(悪役)であり、映画史上最もアイコニックな白黒ファッションでも有名な“クルエラ”の誕生秘話が、衝撃のパンクロック・エンターテイメントとして過激かつスタイリッシュに明かされる。

 清川は、糸と異素材を組み合わせたミクストメディアによる多様なビジュアル表現を展開する独自のアート作品で知られる。代表作には「美女採集」や「TOKYOモンスター」などがある。写真やキャンバスに刺繍を施すなど、手わざを生かした独特な手法は多くの人を魅了し、東京・表参道ヒルズで開催された「美女採集展」では、10日で5万人を動員。『クルエラ』の日本版声優を務める柴咲コウをはじめ、女優やアーティストとコラボレーションした作品も多い。

 今年アーティスト活動20周年を迎え、絵本作家、アートディレクター、プロデューサーとしてもマルチに活躍中だ。各種広告・パッケージのデザイン、空間・映像プロデュースに加え、最近では、吉岡里帆など芸能人の写真集プロデュースや、日本の伝統芸能を正しく次の世代に受け継いでいくための淡路人形浄瑠璃のプロデュースなど、活動の場を広げている。

 そんな清川は、実は大のディズニーファン。“ヴィラン”クルエラについて、「真逆に感じられる白と黒は、本来絵の中で同じ存在感を示します。白があるから黒が存在する。クルエラは美しい未来を見てるだけ。少しカオスで最先端なだけ。 揺れながら姿を変え生き続けているその根の部分は、ある意味とても恐ろしい程ピュアであり、芸術的なモンスターなんです」と話す。

 また、彼女の魅力について、「クルエラのように心に何かを抱える人たちはなぜ自分を飾るのか、ファッションとは個々の夢の境界線を作る大きなエネルギーを持つのではないか? どの時代でも揺れながら姿を変え生き続けているその核のような部分は、ある意味とても怖いくらいピュアで美しいものだと思います」と続け、クルエラが心に抱えているものが、彼女の高いファッション性に表れていることに言及した。

 映画『クルエラ』にインスパイアされたオリジナルポスターアートを手掛けるにあたっては、クルエラの意志表示であるスタイリッシュなビジュアルを、糸を巧みに操る彼女ならでは独創的な手法で新たに描き出している。

 なお、映画『クルエラ』は、27日より映画館で、28日よりディズニーの公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)プレミア アクセスで公開される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ