プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

岡田准一、道交法遵守でカーアクション 車上ファイトシーンも「私有地内なので…」

アクションシーンの裏側を明かしたV6・岡田准一 (C)ORICON NewS inc.の画像

アクションシーンの裏側を明かしたV6・岡田准一 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の岡田准一が26日、都内で行われた映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(6月18日公開)の公開直前プレミアイベントに参加。アクションシーンの裏側を明かした。

【集合ショット】堤真一、木村文乃、山本美月ら豪華キャスト陣が登場!

 「“日本映画では見た事ない画”がテーマ」と掲げ、主演の岡田自らが、ファイトコレオグラファーとしてアクションシーンの殺陣を創り出し、撮影現場をけん引した。冒頭の堤真一とのカーアクションシーンについて岡田は「以前に堤さんと共演した作品でカーアクションをやらせてもらったことがあるんですけど、道路交通法があって、なかなかできないことが多かった。CGでトラックの上で戦った」と述懐する。

 本作では道交法の適応外の立体駐車場という私有地で撮影を行い、最大の“壁”をクリア。「アクションをやるにはチャレンジしたいことが、たくさんあって。原作もちょうど立体駐車場でしたので、リベンジを果たせた。道路交通法とコンプライアンスを両立させながら、いいものを作っていかなければいけないので。それが裏テーマとしてあったシーンですね」と胸を張りながらも「道路交通法は素晴らしいと思います」と付け加えて笑いを誘っていた。

 原作は“今一番面白いマンガ”と称され、累計800万部を記録する同名のコミックス。前作は2019年に公開された。岡田が演じるのは、天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる殺し屋・通称“ファブル”。しかし、ボスから「誰も殺すな。普通に暮らせ」と命じられ、アキラという偽名で相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹のふりをして暮らすことに。

 続編では、表向きはNPO団体「子供たちを危険から守る会」代表だが裏の顔をもち、前作の敵たちを上回る最恐の男としてファブルの前に立ちはだかる宇津帆(堤)が暗躍。すご腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)と、弟を殺した因縁の敵・ファブルへの復讐(ふくしゅう)に燃える。一方、アキラは過去の事件で救えなかった車椅子の少女・ヒナコ(平手友梨奈)と再会し、想像もつかぬ大騒動へと発展していく。

 プレミアイベントには、堤、木村文乃、安藤政信、山本美月、江口カン監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ