プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

有岡大貴、千賀健永の“カン違い”エピソードを暴露「笑わせてもらいました」

シンドラ『探偵☆星鴨』に出演するKis-My-Ft2の千賀健永 (C)NTV・J Stormの画像

シンドラ『探偵☆星鴨』に出演するKis-My-Ft2の千賀健永 (C)NTV・J Storm

 Kis-My-Ft2・千賀健永が、日本テレビの“シンドラ”枠第15弾『探偵☆星鴨』(深1:09※関東ローカル)に第6話(5月31日放送)から出演する。Hey! Say! JUMP・有岡大貴演じる主人公・探偵星鴨と探偵学校時代の同級生である四方田樹役で、中盤からドラマの鍵を握る人物として登場。このほど、すでにクランクアップした千賀と有岡による撮影エピソードとコメントが到着した。

【動画】シンドラ『探偵☆星鴨』おさらい映像公開

 今作は人気劇団・ヨーロッパ企画の諏訪雅氏が脚本、上田誠氏が脚本監修として参加。ハードボイルドに憧れて探偵になったものの、女性との距離をうまく取ることができない不器用な主人公・星鴨が、さまざまな依頼の調査中に起こるハプニングにドタバタと振り回されたり、未解決殺人事件の犯人(ホシ)と疑われたりしながら「見えた! 輝く一番星!」の決めぜりふとともに一級品のひらめききの速さで全力解決。『探偵の日常』にクスッと笑って、グッとくるコメディー・ミステリー。

 ある日、四方田は星の探偵事務所に突じょ現れ、久しぶりの再会を果たすことに。聞くところによると四方田は探偵学校卒業後、ミステリー小説家となっていた。四方田が現れた本当の狙いとは――。

 有岡は開口一番、「言っちゃいますよ僕、あのこと」と暴露。「本当にしょっぱなですよ、朝のリハーサル。最初に千賀くんが来て一番最初のシーンですね。台本上は『怪しい男がいる』と言ってパッと振り返り、唐戸さん(片山友希)が『ぎゃー』と言い、謎の男が『ぎゃー』と言い、僕もそれにつられて『ぎゃー』と言って。この人、リハーサルが始まってもなぜか…『ぎゃー』って言わないんですよ。監督さんやスタッフも、なんで?なんで?となって。千賀くんが監督の台本を見て『え?なんすか?これ、僕ですか?』って、なんで全然関係のない男が登場すんのよってことじゃないですか」と、台本上の記載が、最初“謎の男”になっていたことで、それが自分のせりふだと千賀が気付かなかった…というエピソードを披露する。

 「だってさ、四方田って書いてないんだもん」と開き直る千賀に、有岡は「だからそれは、まだ“謎の男”というか、フード被ってね」と説明。千賀は「知りませんよ! 僕は四方田の役を読めって言われてるのに、“謎の男”『ぎゃー』って、いや“謎の男”って誰?」「四方田って書いてよ、それじゃあ」と主張し、有岡は「台本にキャストのページがあって役名と俳優さんの名前が書いてあるんですけども、男っていうところ探したらしいですよ」と苦笑した。

 もちろん、その名前はなく、有岡が「キャストもスタッフもみんなわかってるから“謎の男”が四方田だって」と呆れると、千賀は「新しい幽霊役というか、本物の幽霊役の人とかエキストラさんがいらっしゃったりとか、なんかあるんだなって。名前がない人いるじゃない!」と一歩も譲らず丁々発止のやりとりが続く。有岡は「本当に笑わせてもらいました朝から(笑)。元気出ましたもん。おかげさまで本当に!」と天然な千賀の素顔に和むと、千賀も「我ながら『つかんだな』って思いました」とまんざらでもなさそうだった。

 スケジュールの都合上、一人でのクランクアップとなった千賀は「このドラマの設定と同じように、ほぼ同い年の有岡とはお互い別々のグループにいって、こうやってグループの垣根を超えて再会でき、新鮮な気持ちでお芝居もできました。ぜひ『探偵☆星鴨』第6話の二人のお芝居にも注目してもらえたらうれしいです!」と充実感。「ですが、すごく僕は悲しいです。ゲスト出演キャストの中で、1人でクランクアップする人は僕が初めてとスタッフの方に聞いて、ちょっと、悲しいです。有岡も…。片山さんも、いません! さみしく一人でオールアップを迎えました(笑)!」とちょっぴり残念そうだった。

■千賀健永(Kis-My-Ft2)クランクアップコメント

短い時間でしたが、本当にお世話になりました!
いやぁ、久しぶりのドラマ出演ということで、本当に貴重な経験をさせていただきました!シンドラ『〇○な人の末路』から3年ぶりのシンドラ出演ですが、改めて演技って楽しいなと気付かされました!
このドラマの設定と同じように、ほぼ同い年の有岡とはお互い別々のグループにいって、こうやってグループの垣根を超えて再会でき、新鮮な気持ちでお芝居もできました。ぜひ「探偵☆星鴨」第6話の二人のお芝居にも注目してもらえたらうれしいです!ですが、すごく僕は悲しいです。
ゲスト出演キャストの中で、1人でクランクアップする人は僕が初めてとスタッフの方に聞いて、ちょっと、悲しいです。有岡も…。片山さんも、いません!さみしく一人でオールアップを迎えました(笑)!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ