プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ホロコーストに加担したノルウェー最大の罪とは? 衝撃の実話劇場公開決定

映画『ホロコーストの罪人』8月27日より全国で順次公開 (C)2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.の画像

映画『ホロコーストの罪人』8月27日より全国で順次公開 (C)2020 FANTEFILM FIKSJON AS. ALL RIGHTS RESERVED.

 実話をもとに、ホロコーストに加担したノルウェー最大の罪を描く、ノルウェー映画『Betrayed』(英題)が、『ホロコーストの罪人』(配給:STAR CHANNEL MOVIES)の邦題で8月27日より新宿武蔵野館(東京)ほか全国で順次公開されることが決定した。

【写真】主人公のチャールズ(ヤーコブ・オフテブロ)

 第二次大戦中、ユダヤ人一家のブラウデ家族はボクサーの息子チャールズが結婚し、幸せな日々を送っていたが、ナチス・ドイツがノルウェーに侵攻すると状況は一変する。チャールズらユダヤ人男性はベルグ収容所へと連れて行かれ、厳しい監視のもと強制労働を強いられていた。一方、母とチャールズの妻は彼らの帰りを待ちながら、スウェーデンへの逃亡も準備していた。しかし、1942年11月、ノルウェー秘密国家警察とタクシー運転手によって、ユダヤ人全員がオスロ埠頭へと強制移送された。そこで待ち構えていたのはアウシュヴィッツへと向かう船だった――。

 出演は『獣は月夜に夢を見る』のヤーコブ・オフテブロ、『ソフィーの世界』のシルエ・ストルスティン、『ミレニアム』シリーズのミカリス・コウトソグイアナキスほか。監督は、『HARAJUKU』で国内外で高い評価を得たエイリーク・スヴェンソン。

 今回 、公開・邦題決定と合わせて 解禁となった日本版ポスターは、「家族を引き裂かれたノルウェー最大の罪」というコピーとともに、主人公であるチャールズがこちらを見つめ、悲しく不安な表情を浮かべる両親と妻の姿が中央に配置されている。また、タイトルである 『ホロコーストの罪人』から連想される収容所での暴力シーンと、ユダヤ人をアウシュヴィッツへと移送する大きな船が描かれ、この作品が家族の悲劇とともにホロコーストにノルウェー 人が加担した罪を描いた知られざる衝撃の実話であることを表している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ