プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

有森也実、映画デビュー作の35年ぶりリメイク作品に出演『星空のむこうの国』

映画『星空のむこうの国』(7月16日公開)(C)2021「星空のむこうの国」製作委員会の画像

映画『星空のむこうの国』(7月16日公開)(C)2021「星空のむこうの国」製作委員会

 映画監督の小中和哉が1986年(昭和61年)、22歳の時に監督した作品を35年の時を経てセルフリメイクした映画『星空のむこうの国』が7月16日より劇場公開される。86年版でヒロイン・理沙を演じた女優・有森也実が、2021年版では理沙の母親・恭子役で出演。86年版で事実上のスクリーンデビューを飾った有森が、令和になった現在も女優として第一線で活躍を続ける姿に胸が熱くなる配役が実現した。有森は「35年後の今の私を17歳の私はどう思うのだろう…そんな時空を超えた不思議な問いかけに心が騒ぎました」とコメントしている。

【写真】組み写真をバラしたキャストのカット

 86年当時、自主制作映画界で活躍していた小中の商業デビュー作。84年に集英社コバルト文庫より刊行された小林弘利氏による同名小説は、小中から映画化を前提として執筆を依頼されたものだったという。若手映像作家の助成を目的として池袋文芸坐が出資し公開にこぎつけた。出資元の池袋文芸坐をはじめ全国の映画館で公開されたが、長らくビデオが絶版、2002年のDVD化も限定的で絶版となってしまったため長らく鑑賞の機会がなく、映画ファンの間では「幻の映画」とも言われていた。

 「SFマガジン」2017年10月号「オールタイム・ベストSF映画総解説」に選出されるなど、再評価の機運が高まる中、今回の映画化(セルフリメイク)が実現。再び小中がメガホンをとり、新たなキャストたちによる青春ラブストーリーが復活を遂げる。

 主人公の昭雄を演じるのは、映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』にエキストラとして参加していたところ、広瀬すずの目に留まり、同事務所に所属することとなった鈴鹿央士。鈴鹿は「第33回 MEN’S NON-NO 専属モデルオーディション」でグランプリを獲得しメンズノンノの専属モデルに大抜てきされると、19年『蜜蜂と遠雷』で衝撃のスクリーンデビューを果たした。以降実写版映画ドラマ・映画『ホリミヤ』で主演を務め、現在TBS系日曜劇場『ドラゴン桜』にも出演するなど、破竹の勢いで活躍を続けている。本作では不思議な出会いから始まる物語を、令和版としてブラッシュアップし、爽やかに演じる。

 このたび、鈴鹿以外のキャストが明らかになった。昭雄(鈴鹿)の夢に登場する美少女でヒロインの理沙役には映画『惡の華』(19年)の好演で注目を浴び、6月4日から上演される舞台『目頭を押さえた』では初舞台にして主演をつとめることも話題の秋田汐梨。

 昭雄の親友・尾崎役は、人気急上昇中のパフォーマンスグループ・lol -エルオーエル-のメンバーであり、俳優としても活躍の場を広げる佐藤友祐が演じる。

 また図書委員の愛弓・伊原六花とその親友・圭子役は福田愛依が務めあげ、まぶしい笑顔と元気あふれる演技で作品を彩る。ほかにも平澤宏々路、高橋真悠、川久保拓司ら実力派が脇を固め、小中監督の時空を超えた想いが込められたセルフリメイクに華を添えている。

■キャストのコメント

●秋田汐梨(理沙 役)のコメント

 私が演じた理沙は、鈴鹿さんが演じる昭雄くんを一途に想い続ける純粋な女の子です。病気で自由に外出できないのですが、好きな人とのある約束を果たすために自らの命を危険に冒してまで突き進みます。理沙の真っ直ぐな気持ちに一生懸命応えようとする昭雄くんの姿に、スッとお芝居に入ることができました。この映画にはファンタジー要素もあり、物語がどう進んで行くのかも楽しんでいただけると思います。コロナ禍もあり、作品の撮影が予定より遅れたりと完成まですごく長かったように感じます。こうして無事完成し公開されることはとてもうれしいですし、一人でも多くの方に楽しんでいただきたいです。

●佐藤友祐(lol -エルオーエル-)(尾崎 役)のコメント

 昭雄や理沙、お母さんたちの思いも背負って自分なりの考えを出さなければいけない尾崎を演じることは、とても大変でした。物語の中でとても重要な役柄を演じることができて、僕自身成長できたと思います。ストーリーの解説みたいなせりふも多く、自分なりに内容を理解して、観てくださる皆様にどうやって伝えることができるかを心がけました。最後まで観ていただき、尾崎って本当良いやつだな。って思ってもらえればうれしいです。好きという想いがどのような奇跡を生み出すのか。是非、注目してもらいたいです!

●有森也実(理沙の母親・恭子 役)のコメント

 今回改めてオリジナル版『星空のむこうの国』を見直しました。照れ臭くも新鮮な想いでいっぱいになり、当時気がつかなかった事に触れる喜びや、35年後の今の私を17歳の私はどう思うのだろう…そんな時空を超えた不思議な問いかけに心が騒ぎました。心の中で生き続ける想い、作品のテーマに心を漂わせ、リメイク版「星空のむこうの国」に理沙の母親役で出演できる幸せを実感しています。小中監督の一番ピュアな、時が経っても壊れようのない真の場所に、今も、立たせてもらえたこと感謝致します。ありがとうございます。

 リメイク版では、家族、上田医師との関係も描かれているので、感情が複雑になり表現が難しかったのではと思いましたが、秋田さんはひたむきに、堂々と演じられていて素晴らしかったと思います。

 理沙が教えてくれた事、想いで生きるという事、想いが繋がるという事、コロナ渦の私達の感性を導いてくれているように感じます。一人でも多くの方に見ていただけましたらうれしいです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ