プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『セイバー+ゼンカイジャー』7・22公開 白倉P意気込み「かつての制作者たちがつむいだ『未来』の物語」

『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』ビジュアル 「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映の画像

『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』ビジュアル 「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

 昭和・平成・令和と移り変わる時代に合わせ、夢や勇気、希望、そして正義の心を伝えてきた「仮面ライダー」シリーズと「スーパー戦隊」シリーズ。1971年4月3日に放送開始した『仮面ライダー』から50年、1975年4月5日に放送開始した第1作目となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。2大ヒーローが2021年にWアニバーサリーイヤーを迎え、シリーズの垣根を超えて共闘する『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』が7月22日に劇場公開することが決定した。

【動画】『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』特報

 「令和仮面ライダー」第2作目の『仮面ライダーセイバー』(毎週日曜 午前9:00)と、スーパー戦隊シリーズ45作目の『機界戦隊ゼンカイジャー』(毎週日曜 午前9:30)。解禁となった特報では、ヒーローたちの歴史を振り返るかのように壮大な音楽に合わせ、仮面ライダー50周年とスーパー戦隊45作品の記念ロゴと共に仮面ライダー・スーパー戦隊の勇姿が。生みの親である原作者の石ノ森章太郎氏が描いた仮面ライダー1号からこれまでの仮面ライダーへ、そして『秘密戦隊ゴレンジャー』のアカレンジャーから、スーパー戦隊に想いのバトンが渡され歴史を刻んできたことが伝わる特別な映像となった。

 本作のプロデュースを務めた白倉伸一郎氏からも本作への意気込みも到着。「私たちに、ライダーやスーパー戦隊を『歴史』として語ることはできません。当時の制作者たちが作ろうとしたのは、歴史という名の過去ではなく、未来だったから」とする。続けて「昨今、制作者たちが相次いで物故する悲しい知らせがつづきました。その思いを語り継ぐのは、彼らを直接知る世代である私たちの責務です。この映画は、ライダーと戦隊の『今』であるセイバー+ゼンカイジャーのお話。であると同時に、かつての制作者たちが全身全霊でつむいだ『未来』の物語」と作品に込めた思いを打ち明けている。

 また、6月4日から特典付き前売券の発売も決定。特典はマグネットのついたミニカー「床でも壁でも走ってみせる!!アクロバットダッシュヒーロー」で、床だけでなく、壁やスチール缶など走れるアクロバティックなミニカー。仮面ライダーセイバーVer.とゼンカイザーVer.の2種類を各2万5000個限定で発売する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ