プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【青天を衝け】第15回「篤太夫、薩摩潜入」あらすじ “西郷吉之助”博多華丸が登場

大河ドラマ『青天を衝け』第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHKの画像

大河ドラマ『青天を衝け』第15回「篤太夫、薩摩潜入」より(C)NHK

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第15回「篤太夫、薩摩潜入」があす23日、放送される。

【第15回場面写真】西郷吉之助と対談する篤太夫(栄一)

 先週放送の第14回「栄一と運命の主君」では、栄一と喜作(高良健吾)が円四郎(堤真一)から一橋家に仕官せよと迫られる。すると、栄一は慶喜(草なぎ剛)に自らの意見を建白することを条件に出す。円四郎は遠乗り途中の慶喜に2人を対面させ、屋敷で謁見(えっけん)させることに成功。こうして栄一と喜作は、一橋家に仕官することになった。

 今回、栄一と喜作は、武士として初俸禄をもらい、円四郎から栄一は「篤太夫(とくだゆう)」、喜作は「成一郎(せいいちろう)」という新しい名も授かる。篤太夫の初仕事は、薩摩藩士・折田要蔵(徳井優)の隠密調査だった。そこで出会った西郷吉之助(博多華丸)から、“先の時代が読める優秀な人材ほど非業の最期を遂げる”と聞かされた篤太夫は、円四郎の行く末を心配する。

 一方、水戸藩では、藤田東湖の息子・藤田小四郎(藤原季節)が攘夷実現のため天狗党を率いて挙兵していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ