プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ノブ、かき氷大好き女性に「クセじゃ!」 三浦翔平は人生哲学に感銘受ける

『ノブナカなんなん?』に出演する(左から)千鳥・ノブ、三浦翔平 (C)テレビ朝日の画像

『ノブナカなんなん?』に出演する(左から)千鳥・ノブ、三浦翔平 (C)テレビ朝日

 お笑いコンビ・千鳥のノブと弘中綾香アナウンサーの“ノブナカ”コンビが、思わず「なんなん?」と言いたくなるクセのある人々に注目し、その驚きの人生をのぞき見するドキュメント番組『ノブナカなんなん?』(毎週土曜 後10:25)。22日放送は三浦翔平と近藤春菜をゲストに迎え、好評企画「あることに取り憑かれた女って…なんなん?」の第4弾を放送する。

【写真】かき氷界の“女王様”原田麻子さん

 スタッフとの待ち合わせ場所に現れた原田麻子さん(38)は、前髪だけ緑に染めたヘアスタイルの女性。よく知る人に話を聞くと「お腹を壊したりしないか心配」、「知る限り、彼女を超えられる人はいない。女王様って呼ばれています」という。女王様として業界に君臨する一方、体を心配されている。とても怪しく、番組の大ファンの三浦も「この番組っぽい!」と興味津々。スタッフに行きたい場所があると告げ、急ぎ足に目的地に向かう麻子さんは路地裏にある謎のわらぶき小屋に突入。店でスタッフが目にしたのは巨大なかき氷。注文した品が出されると、ノブは「待て、待て、待て!」という驚きの事態が待ち受けていた

 「主食なので」とかき氷を1日平均5~6杯も毎日食べている麻子さん。1年で食べる量は1700杯以上。多い時は1日9杯のときもあるそう。365日食している麻子さんの衝撃の食生活が明かされることに。麻子さんの1日に密着すると、朝から「かき氷業界の“人間国宝的存在”」だという人物が作る逸品を朝食として食べに行くそう。国宝のような人物が作るかき氷とは。衝撃的なビジュアルにスタジオメンバーからもどよめきが起こった。さらに今回は、麻子さんが行く店で視聴者にぜひ食べてほしい、極上かき氷の数々を紹介していく。

 普通の人なら1軒目でお腹いっぱいのところ、女王・麻子さんは2時間かけて移動して「千葉の宝」と呼ばれる店へ。かき氷の費用も「食費としては高いですよ」と語りながら、なぜかき氷にこだわるのか。かき氷にハマる前は「何も持っていないことがコンプレックスだった」と語る人生哲学にゲストの三浦も「すごいことだと思います」と心を打たれていた。

 また、スタジオでは早押しのクイズを出題。先に正解した1人限定で、麻子さんにその人をイメージした、世界に一つしかないオリジナルのかき氷を作ることに。ノブたちの前にやって来た麻子さんはなぜか号泣。ノブも「クセじゃ!」と衝撃を受けた“かき氷愛”にあふれる麻子さんの思いが明かされる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ