プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

仲野太賀&芳根京子、10年にわたる恋物語が明らかに 『コントが始まる』場面カット公開

22日放送の土曜ドラマ『コントが始まる』第6話に出演する芳根京子、仲野太賀 (C)日本テレビの画像

22日放送の土曜ドラマ『コントが始まる』第6話に出演する芳根京子、仲野太賀 (C)日本テレビ

 俳優の仲野太賀、女優の芳根京子が出演する日本テレビ系連続ドラマ『コントが始まる』(毎週土曜 後10:00)第6話(22日放送)の場面写真がこのほど、解禁された。公開されたのは仲野演じる潤平と、芳根演じる恋人・奈津美の10年前の高校時代の浜辺での2ショット。なぜ、この2人が付き合うことになったのか。現代と10年前を行き来し、10年にわたる恋の物語が明らかになる。

【動画】解散を決めたマクベスの3人だったが…第6話予告

 今作は『俺の話は長い』(日テレ/2019)で、第38回向田邦子賞を受賞した金子茂樹氏が脚本を担当。プロデューサーは『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の福井雄太氏が務める。春斗(菅田将暉)、潤平、瞬太(神木隆之介)らお笑いトリオ・マクベスと彼らがいつもネタ作りに集うファミレスのウェイトレス・里穂子(有村架純)、その妹・つむぎ(古川琴音)の5人の男女による群像劇を描く。

 第6話では、正式に解散が決まったマクベスの3人が、残された日々を過ごす。実家の酒屋を継ぐ決心をした潤平は、奈津美との関係に人知れず閉塞感を感じ始める。もともとは奈津美を笑わせたい一心で始めたお笑いだったが、マクベスが解散する今、大企業で働いていて、自分とは不釣り合いな奈津美との関係も終わらせるべきなのか。一方の奈津美もまた、芸人を辞めた後の潤平をどう受け止めてよいのか悩んでいた。

 解禁されたシーンでは高校時代、春斗に浜辺に連れてこられた奈津美の前に、なぜかサッカー部の一同が。サッカー部を引き連れた潤平が奈津美に手渡したものとはいったい…。大手製薬会社でバリバリ働くキャリアウーマン奈津美と、解散を目の前にし、不安だらけのお笑い芸人・潤平。マクベスという柱を失い、未来が見えなくなり始めていた2人の恋の行方に注目だ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ