プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

倉科カナ、透け感たっぷりドレスで美脚スケスケ 篠原ゆき子はノースリーブドレス

スケスケドレスで登場した倉科カナ (C)ORICON NewS inc.の画像

スケスケドレスで登場した倉科カナ (C)ORICON NewS inc.

 女優の倉科カナと篠原ゆき子が21日、都内で行われた映画『女たち』(6月1日公開)の公開祈念イベントに参加した。

【動画】白ドレスで大胆に美肌披露する篠原ゆき子&倉科カナ

 倉科は白の透け感ある白いドレス姿で、篠原もノースリーブの白いドレス姿で登場。主演する篠原は「企画がゼロの段階から携わらせていただいた。『どういう映画を作ろうか』から始まった」と作品との関わりを説明。コロナ禍で撮影も困難を極め、公開も延期したこともあり「こうやって記者の方がいるのが、うそみたい」としみじみ。

 髪の毛をバッサリ切ったことでも話題になった倉科は「『女たち』というタイトルですけど、香織ちゃんは女であることを憎んでいるような役柄でもある。生活しているのを想像した時に、朝起きて髪を結んだり、シャンプーしてコンディショナーという生活をしているのを想像できなかった。髪の毛1つでも表現できてニュアンスが出ると香織ちゃんではなくなると思って」と役に対する真摯な態度を振り返っていた。

 映画は、とある山あいの小さな町を舞台に「壊れゆく女たち」の姿を描いた作品。主人公の美咲(篠原)は40歳を目の前にした独身女性で、夫の自死を受け入れられない母・美津子(高畑淳子)と暮らしていた。倉科は、美咲が唯一心のよりどころとしている親友・香織を演じるが、彼女もまた人知れず心に深い闇を抱え、精神を患っているという役どころとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ