プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

BSフジ、田村正和さん追悼で『総理と呼ばないで』放送

BSフジ、田村正和さん追悼で『総理と呼ばないで』放送(C)共同テレビジョンの画像

BSフジ、田村正和さん追悼で『総理と呼ばないで』放送(C)共同テレビジョン

 BSフジでは、4月3日に亡くなった俳優・田村正和さん(77)をしのび、5月31日から6月7日にかけて『総理と呼ばないで』(月~金 後4:00)を放送すると発表した。

田村正和さんのプロフィール

 1997年4月8日から6月17日まで、フジテレビで放送された同ドラマ。三谷幸喜氏が、内閣支持率の低下に頭を痛める内閣総理大臣を主人公に書き下ろした、笑いと感動のストーリーとなっている。

■『総理と呼ばないで』第1話あらすじ
落ち込む一方の内閣支持率に総理(田村正和)や、首席秘書官(西村雅彦)、副総理(藤村俊二)、事務副長官(仲本工事)、政務副長官(田山涼成)ら内閣官房チームは頭を痛めていた。家庭でも夫人(鈴木保奈美)や、お嬢様(佐藤藍子)は総理に理解を示さず、不人気のせいかメイド(鶴田真由)もようやく見つける始末。
支持率の低下は内閣人事にも影響を与え、官房長官のなり手もない。内閣不信任案が可決され、不名誉なそしりを受けるよりはと国会解散を決意した総理だが、お嬢様の家庭教師に呼んだ青年(筒井道隆)を見てあるアイディアが浮かぶ。総理の夢は、超短命内閣という汚名から逃れることだが…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ