プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

増田貴久&ノブ、森山直太朗直伝の“発声儀式”でユニット結成?『ぐるナイ』地獄の展開に

20日放送『ぐるぐるナインティナイン』に出演する増田貴久、中条あやみ、岡村隆史 (C)日本テレビの画像

20日放送『ぐるぐるナインティナイン』に出演する増田貴久、中条あやみ、岡村隆史 (C)日本テレビ

 20日放送の日本テレビ系バラエティー『ぐるぐるナインティナイン』(毎週木曜 後7:56)では、歌手・森山直太朗と“めるる”こと生見愛瑠をゲストに迎えた『ゴチバトル』後半を送る。のどの弱い千鳥・ノブは森山に発声法を相談。すると、森山いわく、森山家には寝る前に必ず行う発声の「儀式」があるということで、森山、ノブ、増田がユニット結成(?)。至高のハーモニーが奏でられるのか、それとも…全員が崩れ落ちたその結末は――。地獄の展開が待ち受ける。

【写真】本家「さくら」森山直太朗が熱唱

 “因縁のアイツSP”をテーマに今回も各出演者が因縁の相手との衝撃のエピソードを続々暴露。先週の野性爆弾・くっきー!に続き、次なるめるるの因縁の相手はなんとノブ。かつてある番組でノブから言われ「傷付いた」と明かす。ノブもそのときのことを思い返し、「20年で一番凹んだ」と大反省する。そこで、仲直りのために、めるるが「ノブポーズ」を考案…はたして因縁の行方は。

 「岡村隆史に一言物申したい」という因縁の女性も登場。「誕生日プレゼントを渡したのに」とかなり親しい間柄の様子で「寂しい…」というクレームも。岡村の結婚についても言いたい放題で、岡村驚がくのサプライズが仕掛けられる。松下洸平は事務所の先輩である大物俳優との謎めいたエピソードを暴露する。

 元自衛隊のピン芸人・やす子が身体を張って山で採ってきた東京・多摩のはちみつを使ったスペシャルメニューを賭けて挑むゲームは『即興フレーズリレー』。はちみつを採ってきたやす子の恋の進展が、「凄く気になる」というメンバー。松下が考えるお相手とは一体誰なのか。

 今回のゲームのお題は、卒業式の定番ソングとなっている森山の「さくら(独唱)」の替え歌。森山から「常識の範囲で」と注意が飛び出すなか「軸を作りたいんで…」と森山が自らトップバッターとなりゲームスタート。ところが、いきなりのふざけた展開に全員大混乱! 感動を生む名曲として知られる「さくら(独唱)」は一体どうなってしまうのか。松下&中条も爆笑の「新・さくら(独唱)」が誕生することに。「ライブで歌おうと思います」と森山もうなった即興フレーズにも注目だ。

 バトルの舞台は創業93年の老舗西洋料理店『レストラン アラスカ』。設定金額は超高額の2万5000円。食べたいものを食べる戦略で自信満々も、徐々に顔面蒼白となる森山、吉と出るか凶とでるか。さらにクビまっしぐらで前回、手相芸人・島田秀平から運気が良いと言われたノブ&めるる、果たして自腹は誰なのか。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ