プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

内田理央『レンアイ漫画家』で“魔性の女”熱演 共通点なく「役作りに苦労しました」

『レンアイ漫画家』で“魔性の女”を熱演する内田理央(C)フジテレビの画像

『レンアイ漫画家』で“魔性の女”を熱演する内田理央(C)フジテレビ

 女優の内田理央が、フジテレビ系木曜劇場『レンアイ漫画家』(毎週木曜 後10:00)の20日放送の第7話より出演することが決定した。

【写真】38歳の誕生日を祝して鈴木亮平に贈られたケーキ

 鈴木亮平演じる漫画一筋で恋愛が苦手な天才少女漫画家・刈部清一郎(かりべ・せいいちろう)と吉岡里帆演じる夢無し、彼無し、仕事無しの崖っぷち女子・久遠あいこ(くおん・あいこ)が織りなす、この春一番ピュアな不器用ラブコメディー。

顔出しNGの天才漫画家・刈部まりあこと、刈部清一郎は、大ヒット恋愛マンガ『銀河天使』の設定を令和の日本に移したものの、引きこもり故に令和のリアルな恋愛が描けず、困窮していた。偶然出会った久遠あいこに、報酬を払うから漫画のネタのために疑似恋愛をして取材してほしいと依頼。あいこはエリートサラリーマンや、年下教師、独身貴族との交流を清一郎に報告することに。

 次々と常軌を逸した恋愛ミッションを繰り出す清一郎と、ことあるごとにぶつかり合うあいこ。一方、まともな幸せは作家をダメにすると思い込み、孤独な引きこもり生活を送っていた清一郎だったが、亡くなった弟の忘れ形見のレン(岩田琉聖)を引き取ることになり、また、あいこと丁々発止を繰り広げるうちに、少しずつその生活に変化が訪れていく。孤独な三人が寄り集まり、チグハグな疑似家族のような関係を築いていたが、ある日、そこにレンの母と名乗る女性(内田)が現れる。

 内田が演じるのは、清一郎の弟・刈部純(白石隼也)の別れた妻で、レンの母・秋山美波(あきやま・みなみ)。清一郎はレンに母親は死んだと美波の存在をひた隠しにしてきたが、突如、美波が清一郎のもとに現れてしまう。この美波の登場により、今まで明かされてこなかった清一郎の過去、恋愛漫画家が恋愛できなくなった理由、その真相が明らかになっていく。そして、清一郎、あいこ、レンの3人の疑似家族にも崩壊の危機が訪れる。

 今回の出演にあたって、内田がコメントを寄せた。

――『レンアイ漫画家』への出演が決まった時の感想
うれしかったです! 物語後半に出てくる謎の女の役と聞いて“責任重大!”と思いました。

――今回、演じた秋山美波について
ちょっと何を考えているのかわからない、何かしでかしそうな、ミステリアスでかまってちゃんな美波。なかなか皆さんの共感を得ることはできないと思いますが(笑)。“ひぇ〜! 怖え〜!”と思いながらも楽しく演じさせていただきました。美波との共通点がなかなかなくて、役作りに苦労しました。

――鈴木亮平さんや吉岡里帆さんと共演してみていかがでしたか?
とにかく現場の雰囲気が暖かく居心地がよくて。それはお2人の作る、やさしい空気感から来ているんだなぁと思いました。

――番組を楽しみにしている視聴者に向けメッセージ
少しずつ距離が近くなっている清一郎さんとあいこちゃんレンくんを、かき回します。どうなってしまうのか…お楽しみください。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ