プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

竜星涼、オーディオドラマ初挑戦に充実感「心のキャッチボールが大事」 最終話のヒロインに剛力彩芽

オーディオドラマ『白村颯太に好かれたいby AudioMovie(R)』に出演する竜星涼、剛力彩芽の画像

オーディオドラマ『白村颯太に好かれたいby AudioMovie(R)』に出演する竜星涼、剛力彩芽

 先月27日より配信がスタートした、俳優の竜星涼が出演するオーディオドラマ『白村颯太に好かれたいby AudioMovie(R)』(毎週火曜更新)が、18日配信をもって最終話を迎える。これまではヒロイン中心でストーリーが展開されてきたが、最終話は竜星演じる白村颯太にスポットが当たる。相手役のヒロイン・二宮シオンを剛力彩芽が演じる。

【写真】オーディオドラマ収録の模様

 同ドラマは、全4話(1話あたり15分程度)の“ジワキュン”恋愛ストーリー。超絶天然マイペースだけど、思いやりがあり、まっすぐに向き合ってくれる魅力的な男性・白村颯太(竜星)。とにかく女性にモテる、白村の魅力とは。

 ドラマの模様は、AudioMovie(R)、Apple Podcasts、Google Podcasts、Spotify、Amazon Musicなどの主要なリスニングサービス、YouTubeにて無料で聴取することができる。最終話の配信を受けて、オーディオドラマに初挑戦した竜星と剛力がコメントを寄せた。

■竜星涼
普段は役者で、お互いの顔を見ながらお芝居をしていますが、今回は原稿を読みながら、音だけ聞きながら、相手とコミュニケーション、キャッチボールをするというのが、とても新鮮でした。最初は緊張もしましたが、でも演っていく中、相手の声や感情が新鮮に聞こえたりして…。また受ける側も役者芝居と違い、凄く楽しかったです。こういう風に言ったら響くのかなとか、言い方や声色を考えながら、心のキャッチボールっていうのがやはり大事だなと思いながら演ってました。
白村颯太は、マイペースな男の子。だけど、何か物を相手にしっかりと投げかけられることが彼の魅力だと思います。素直だからこそ響く、こういう人ってすごくステキだなと思いました。聴いてくださる方たちが、いろんな絵を頭の中で想像しながらどう作っていってくれるか、すごく楽しみです。自由にいろんな場所で、そして自分なりの解釈をしながら、楽しんでいただけたらうれしいなと思います。

■剛力彩芽
すごく楽しかったです! 正直、演らせていただくまで全然想像がつかなかったんですけど。映像とも違うし、アフレコとかとも違うし、普通のラジオとも全然違うし。ちゃんとお芝居で、ホント新しいジャンルだなって、貴重な経験をさせていただいて、うれしかったです。竜星涼さんを目の前にして、実際には私たちは映像を想像しながらお芝居してるというか…。映像がない分いろんな想像がふくらむ。きっと聴いてくださる方もそんな風に「声は聴こえてて、ストーリーも聴こえてるけど、絵としてはいろんな想像が膨らむんだろうな」って。私自身、出来上がりがワクワクします。
すごく耳の近くで聴こえてるからこそ、いろんな感情や感覚が身近で。颯太にちょっと背中を押してもらえたり、キュンとしたり。みなさまには、颯太とシオンがふたりで過ごした時間をどういうふうに過ごしたのかなって想像をふくらませながら聴いていただけたら、うれしいなと思います。

■各話のタイトルとヒロインの担当者
第1話『甘えたい女の子』 ヒロイン:尾崎由香(ヒロインの同僚役として、宇内梨沙アナウンサーが出演)
第2話『個性が欲しい女の子』 ヒロイン:平祐奈
第3話『魚をキレイに食べたい女の子』 ヒロイン:富山えり子
第4話『意気地ナシの男の子』 ヒロイン:剛力彩芽

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ